ワードプレスを始めたばかりの人にとって、固定ページと
記事投稿の違いは分からないと思います。

ワードプレスには、2つの投稿機能があって、
それぞれの役割にとって、どちらを使うか異なります。


 

投稿:ブログ記事の作成
固定ページ:一つの新しいページを作る


 

基本的には、記事投稿がメインで固定ページは
サブとして使います。

2つを組み合わせる事で、ワードプレスが
ホームページの様になるのです。

 

■固定ページとは何か?


 

固定ページは英語では「Page」です。

なぜ固定と呼ばれるのかと言いますと、時間の
概念がないからです。


 

固定ページとは投稿ページとは違い、時間軸を
持たないページとなっているのです。

通常のブログ投稿記事は時系列で表示されるのに対し、
固定ページにはそのような機能がありません。

 

固定ページは、カテゴリーとの紐付けやトップページとの
連動のない独立したページを指します。

なので、投稿を公開してもトップページでの新着表示に
載る事はありません。

 

また、カテゴリーを設定することや、タグを追加することはできません。


 

更新性の低い、永続的な内容の記事を
作成するのに向いているページです。

 

固定ページは、サイト内で独立した記事になるので
「カテゴリ」「タグ」「アーカイブ」に所属できません。

例えばお問い合わせフォームなどは、カテゴリーや
時間の概念は必要ありませんね。この様なものに
固定ページは使います。

 

主にどの様な用途で使うか?


 

・お問い合わせページ
・会社紹介、自己紹介
・目次(サイトマップ)
・プライバシーポリシー


 

・特定商取引法
・実績紹介
・お客様の声
・免責事項
・よくある質問


 

などカテゴリーに属さないコンテンツを作るのに適している。
また、コンテンツの変化がありません。
これらは、グローバルメニューに並べます。

 

また固定ページは、ブログの紹介文やプロフィールなどを
ブログを開いた時に見える様にトップページに固定で
表示させる事も可能です。

 

固定ページをトップに表示する為の設定方法は、
ダッシュボード⇒設定⇒表示設定と進み、最新の投稿を
固定ページにチェックマークをして、表示させたい固定ページを
選択して変更保存を押して完了です。


 

■投稿ページとは?


 

投稿ページは、ブログの肝となります。

ブログは、記事を育てる事により検索エンジンからの
流入や、ソーシャルメディアの拡散に繋がりPV数が伸びます。

 

更新する事で、トップページの新着記事として
出現し、ブログの鮮度を保ってくれるので、
サイトを生きた状態にしてくれる役割を担っています。


常に新しい情報をリアルタイムで配信するのに向いてます。

 

記事投稿を更新する度に、その記事に紐づく
カテゴリーページのSEO効果はどんどん向上します。

設定したカテゴリーの記事数が多くなればカテゴリーページの
SEO効果は記事単体よりも強くなって行くのです。

 

■固定ページの作成方法


 

・固定ページの新規追加をクリック

 

WS000021
 

・固定ページの作成

 

WS000023
 

一番上の小さい枠にタイトル
下の大きな枠に本文

基本的には、記事投稿と同じです。

 

一度、固定ページを更新(公開)するとタイトルの下に
パーマリンクの設定が出現します。

デフォルトですと、タイトルに書いた日本語がそのまま
入力されている状態となっています。

 

それでは、URLが長くなってしまいSEO的に不利です。
内容に見合った英語のパーマリンクを設定しましょう。

 

■固定ページで作成しておきたいページ


 

固定ページは、ブログについての「静的」な情報を
述べるのによく使われます。

完全に、時間に影響されない事が最大の特徴です。
下記の様な時間に関係のないコンテンツ追加に向いています。

 

・プロフィール(自己紹介)

 

サイトを訪問したユーザーが、運営者の素顔や経歴などに
興味を示してくれる場合があるので、プロフィールをまとめた
自己紹介文を固定ページに書いて、グローバルメニューや
サイドバーに固定ページへ飛ばすリンクを貼ると良いでしょう。

 

こまめに、追記して更新しながら詳しいプロフをコツコツと
作り上げて行くと良いでしょう。

 

・お問い合わせページ

 

不明な点や指摘事項がある場合に、ユーザーが問い合わせを
する場合があるので、お問い合わせフォームは必須となります。

 

訪問者と運営者を繋ぐ唯一の線となります。
もしかしたら、ファンが出来て心のこもったメッセージが
届く可能性だってあるのです。

基本的には、プラグインの「Contact Form 7」を
使って簡単に設置します。

 

・サイトマップ

 

サイト全体の内容を一覧で一目瞭然に把握できるサイトマップを
固定ページに作る事で、ユーザーがサイト全体をすぐに理解する
事が可能となります。

 

作成自動生成してくれるプラグインPS Auto Sitemapを使って、
自動で作成する様にしておくと便利です。

また、Google XML Sitemapsと言うプラグインを使う事によって、
ブログの更新を自動で検索エンジンに知らせてくれます。

 

・プライバシーポリシー

 

プライバシーポリシーとはサイトなどで個人情報の扱い方や
考え方を明記したものです。

例えば、ネットを使い通販事業をしていると、購入してくれた
人の住所や氏名などの個人情報が収集されます。

 

その為に、個人情報についてホームページの管理者が
プライバシーポリシーを定めて、正しい方法で管理する責任があるのです。

 

・免責事項

 

免責事項とは、サイト管理者が、トラブルが発生した場合に
責任を免れる事項について記載したものです。

不当な請求や、訴訟を阻止する為に必要です。