ワードプレスを新規インストール後に、プラグインや
テンプレートのアップロードやサイドバーやサイトタイトルを
設定したのなら、あとは記事を量産していきます。

ワードプレスの方は、ある程度の設定をしたのなら
コンテンツ作成がメインとなってきます。

 

記事を100記事200記事と追加していって、
サイトが育ってきたところで、本格的にサイトのデザインや
構成を作っていく流れが理想です。

 

■ビジュアルとテキストの違い

 

WS000010
 

ワードプレスで記事を書く時に2つの入力方法があります。

 

・ビジュアルエディタ

 

ビジュアルモードは、分かりやすく言えばメールと同じで、
書いた記事がそのままサイトのコンテンツになります。

見たままの状態が記事になるモードと言えます。
見た目で記事を執筆して行くので、HTMLタグやコードは見えません。

 

メニューバーにあるHTMLタグを使えば、ワンクリックで
簡単に文字の色や大きさを変える事ができます。


ただし、自らHTMLタグをビジュアルモードで打ち込む事はできません。

 

・テキストモード

 

テキストはHTMLタグを自分で打ち込んでいくモードです。

テキストは、文字や記事の装飾をしたり、リンクを貼ったり、
するなどの場面で使います。

 

ビジュアルでも、メニューバーのタグを使えば文字の装飾や
見出し段落やリンク挿入は行えます。

これらのタグを、HTMLを使って直接入力したい時には
テキストが有効となってきます。

 

テキストは、「HTML」で文字色や文字の大きさのコードなどを
入力して、文字を装飾する場合に使われます。


文字の色や大きさなどを変えるHTMLのコードを覚えるのは、
難しいものがあります。

 

その場合は、メニューバーを使えばボタン一つでHTMLコードが
簡単に入力する事ができます。メニューバーは、ビジュアルと
テキストどちらからでも使えます。

だから、HTMLを覚えなくてもメニューバーに頼れば、文字の
装飾が自由自在となるわけです。

 

装飾のメニューバーは、標準で装備されているテンプレートも
ありますが、ついてない場合もあります。

その場合は、プラグインを使って装飾バーを導入する事も可能です。

 

ワードプレスを使って記事を投稿する手順は簡単です。

 

・新規記事投稿

新しく記事を作成した場合に使います。

WordPressで記事を書く時には、ダッシュボードメニューの
「投稿」から新規追加をクリックします。

 

WS000000
 

この様な投稿画面が出てきます。

 

WS000001
 

上の小さい枠にタイトル、下の大きい枠に本文を入力します。
書き終えて、まだ公開しない場合は右側にある下書き保存を押す。

プレビューでは、実際に公開した時の仕上がりが分かります。

 

ビジュアルモードで改行すると自動で1行空いてしまうので、
shiftキーを押しながらEnterを押すと1行空かないで改行する事ができます。


テキストモードは、1行自動で空くことはありません。
shiftキーを押すのが面倒な場合は、テキストモードを使って下さい。


 

・カテゴリー

 

WS000002
 

記事の内容に当てはるカテゴリー全てにチェックマークを入れます。
足りない場合は、新規でカテゴリーを作れます。

その際にスラッグは、英語で自由に表記しましょう。
日本語のままですと、スラッグが長くなりSEO的によくありません。


 

・タグの設定

 

WS000003
 

タグは記事毎の重要キーワードを表すために使用します。
その記事での重要語句を単語で追加します。

複数のタグを設定する場合にはカンマ(,)で区切って下さい。

 

例えば

【ネットビジネス,パソコン,エクセル】

基本的に、タグは使わなくても問題ありません。

 

・記事の日時は変更できます

 

WS000004
 

「すぐに公開する」の右に【編集】がありますので、
そちらクリックすると写真の様になります。

未来の日時を指定した場合は、その日時に
なると自動で投稿されます。

 

勿論、過去の日時に設定もできます。

 

・記事にパスワード

 

WS000006
 

「公開」の右に【編集】がありますので、
そちらクリックすると写真の様になります。

自由にパスワードを決めて公開すると、
パスワード入力しないと記事が読めません。

 

特定のユーザーに限定して見せたい時に使います。

例えば、商品を購入してくれた人に特典として秘密の
ノウハウを限定で公開したい時に有効です。

あとは、ネットビジネスのコンサルを開いている講師が
塾生限定公開と言う形でパスワードをつける場合もあります。

 

・編集した記事の削除

 

WS000009
 

投稿一覧をクリックすると投稿した記事が一覧で表示されます。
削除したい記事にチェックマークを入れて一括操作からゴミ箱
を選択して適用ボタンを押します。

記事は一旦、ゴミ箱に入ります。もし間違ってしまった場合は、
ゴミ箱の段階であれば復元できます。

 

また、ゴミ箱に入ると完全削除の表示が出ます。
ゴミ箱には30日間保留された後に自動で完全削除されます。



ワードプレスがインストールされてる最上位フォルダに
wp-config.php というファイルがあります。

 

その中の「/* 編集が必要なのはここまでです…」と
いう文面の直前ぐらいに以下を追記します。

define(‘EMPTY_TRASH_DAYS’, 90);

 

最後の「90」という数字が保存期間です。
半年は 90を 180(30日×6ヵ月)に変更します。


ただあまり保存期間を長くしすぎると
データベースが肥大化して表示速度に影響が出ます。

 

入力ミスすると大変なので、必ずバックアップを
取ってから実行しましょう。

 

・画像のアップロード(メディアの挿入)

 

WS000034


WS000015
 

画像を記事に挿入する場合は、メディア追加ボタンをクリックします。

 

WS000016


ファイルをアップロードして、投稿に挿入ボタンをクリックして完了です。

 

記事に画像を挿入する意味


・文章をリズム良く読んで貰えます。
・文章だけでは単調で飽きてしまうのでアクセントになる
・画像で分かりやすく詳しく説明できる