アフィリエイト教材の宣伝文句には実に甘い言葉が
並べられており、あたかもすぐ簡単に稼げてしまう
のではないかと早とちりしてしまいます。

 

まず、稼げる事を謳っておきながら稼げずに終わる
人が続出してしまう背景には、その教材を扱う人の
スキルや受け止め方の問題が考えられます。

 

優良教材である事を前提として
では、教材を購入して一体何をすべきか?


 

・教材に書かれている内容は全て目を通す
・教材で不明な点は全て解決する
・教材の指示に忠実に実行する
・教材を何度も読み返し腑に落とす。


 

まずは、これらの事項は大前提です。
この関門をクリアせずに稼ぐ事は厳しいです。


 


極めつけはアフィリエイトで結果が出ない人は、
教材が悪いのではなく、その人自身の心が問題なのです。

 

稼げなかった人の原因を探ってみると、大抵の人が、
やるべきことをやらずに指示を守っていなかったり、
勝手な解釈をして自己流で勧めてしまったりと、
落ち度が自身の考え方や行動にあるのが伺えます。

 

与えられた指示に対して、いかに素直に受け止めて実行に
移せるかにもかかってくるのです。

 

アフィリエイトは、単純なものではなく、何かやるべき事が
欠けているだけで成果に影響が出るのです。

何かと難しい事や面倒な事を飛ばす傾向のある人は、
中途半端な結果しか残せずに場する宿命にあります。

 

全てを完璧に一つ一つ実行して行く事が基本なのです。


 


教材を独学では厳しいと言う方は、サポート環境を
特典としている販売者から購入しましょう。

 

できればチーム環境が整っていた方が良いです。
不明な点は、チーム内の仲間や指導者に聞く事ができますので。

 

■同じノウハウの教材を試しても明暗が分かれる要因

 

同じノウハウを読んで実践しているのに、結果的に
稼げる人と稼げない人を生み出してしまう原因は、
個人のマインドが深く関わっています。

 

稼げない人の心理


・作業の進行が遅い
・作業時間を作ろうとしない
・記事を書くのが億劫と思っている
・稼ぐ為に仕方なくやっている
・教材を信用していない
・自分には無理だと思い込んでいる
・根気強さがなく記事更新を中断しやすい


 

本人のやる気、モチベーション、取り組む姿勢、
我慢強さ、アフィリエイトに対する愛
など全てに
おいて弱い傾向にあります。

よくあるのが、やろうと思って始めたのにも関わらず、
いつの間にか時間が過ぎて行ってしまったパターンです。

 

稼げない人は、圧倒的に更新頻度が遅いので、
短期的な変化が望めずに、どんどんテンションが下がって
挙句には「諦める」と言う選択を取ってしまいがちです。

 

この様に、道半端な気持ちで軽率に始めてしまうと
行動するアクションを起こす事ができずに
中々、結果と言うものがついてきません。

 

ノウハウにいくら正しい理論が書かれていても、
それを継続して実行しなければ何もなりません。

どんなに良い指導者に恵まれていたとしても、
本人が立ち上がってくれなかったら、引き上げる事は
不可能な領域となってくるのです。

 

本人の意識の高さや執念などが最終的に物言うのです。
「とにかく稼ぎたい」と思う気持ちが強いのであれば、
まずはひたすら手を動かす日々が続く事に耐えなければなりません。

アフィリエイトは、短気でどうこうなるものではなく、
日々の積み重ねが功を奏でる世界です。

 

ですから稼げる思考へと変貌しましょう。


・空き時間をどうしたら作れるか試行錯誤する
・記事を書けば書く程に達成感に満ち溢れる
・毎日、記事を書かないと落ち着かない
・サイトを育て上げる事に喜びを感じる
・自分の作ったサイトへ愛があり温もりを感じる
・書けば書くほどに、お金になって行く感覚がある


 

・ネットを使ったビジネスは今の時代こそチャンスと感じている
・多くの人に書いた記事を読まれる事に楽しさがある
・実績者の背中を追いかけて成果を出したい
・目標達成後の更なる次のステージまで視野に入れている

 

志の高さ、なんとしてでも目標達成させる意地、
成果への執着心、結果出るまでの粘り強さ、
アフィリエイタ―としての自覚とプライドなどが
あると、作業への熱が変わります。

 

情熱は初めから達成に至るまで、一定の燃料で燃やし
続けて熱い気持ちを保たなければなりません。

稼ぐまでの過程の燃焼パワーのエネルギー源と
なるものは、自分の内に秘めているものです。

 

ただ、何となしに「アフィリエイトを始めてみるか」
踏み込んだとしても、根本的に気持ちが定まっていない
状態で、ただやっていても意識は芽生えてこないでしょう。

 

ですから教材が良い悪いではなく、胸の内次第なのです。
実績者の掴んだ栄光と言う名の道筋は教材に書かれて
いるので、誰でも成功点へ行けるが歩みを止めたら
不可能になってしまいます。

 

可能性と言うのを自ら潰すのは、あまりにも勿体ないです。
せっかくマニュアルが用意され舗道が整備されている
のですから、とにかく歩み続けて行きましょう。