ツイートアクティビティとは、自分のツイートがどれだけの人の目に触れたか、
そして彼らがどのような行動をとったのかという統計です。

ツイートアクティビティを見るには、自分のツイートの下に表示される、
棒グラフのマークをクリックします。


tui-toakutebiguraf



tui-toakutebutelihyouji


ツイートアクティビティの設定手順



ツイートアクティビティは、デフォルトでは見る事ができません。

初期設定では、ツイートアクティビティは、
表示・集計しないようになっています。


理由は個人的にSNSとして使っている分には、
「誰に何回見られたか」と言った余計な情報は不要なので、
勝手には集計しない様になっているのです。


集計したい人は、自分で表示するための手順を踏む必要があります。

ツイートアクティビティを見る手順はとても簡単です。



まず、ツイートアクティビティを見たいアカウントで、
Twitterにログインしておきます。


アナリティクスにログイン


anaritekikustuia


アナリティクスを有効にするをクリック

アナリティクスにログインして有効にしてから
2時間で反映される様になります。


アナリティクスにアクセスするのは、ツイートアクティビティを
使うかどうかの意思表示みたいなものです。



ツイートアクティビティの用語解説



インプレッション



これはユーザーがどれだけ見てくれたかを回数で表示してくれています。

画像では1440と表示されているので1440人に見られたと言う事です。
タイムライン中に表示された時の回数なので、実際に見たかどうかは不明です。


タイムライン上で内容をしっかり読む人もいれば、
タイムライン上をサラッとスクロールしてあまり真剣に読まない人もいます。

これら全ての数値が含まれているので、インプレッションが高いからと
言って、皆が皆あなたのツイートをしっかりと読んでくれたとも限りません。



あくまでも他のユーザーの画面にツイートが表示された回数です。

フォロワーが多い人ほどタイムランに表示される確率は上がりますので
インプレッションの数も増えます。

インプレッションは、タイムラインに表示される以外にも、
自分のツイート一覧を見られたり、またはツイート検索に
ヒットする事もしっかりとカウントされてます。




エンゲージメント総数



ユーザーがツイートに反応した合計回数です。


ツイートの任意の場所

(リツイート、返信、フォロー、お気に入り、リンク、カード、
ハッシュタグ、埋め込みメディア、ユーザー名、プロフィール画像、
ツイートの詳細表示など) のクリック数


エンゲージメントは、ただツイートが表示されたという様な
インプレッションとは全く違い、そのツイートに対して誰かが
何らかの行動をした数です。


行動とは、リツイート、いいね、ツイート内のリンクをクリックする、
などのユーザーが取ったアクションがカウントされます。


エンゲージメントは、どれだけの人があなたのツイートに興味を
持ったのかがよく分かります。

エンゲージメントが低いと、あなたのツイートを真剣に読んだり
興味関心を持っている人が少ないと言う事が伺えます。



エンゲージメント率


エンゲージメント数をインプレッション数で割った値


プロフィールのクリック数


タイムランに流れたツイートに対してこの人はどんな人だろうと
興味を持つ方がプロフィールをクリックされた回数となります。



リツイート / いいね / 返信 / お気に入り

これは、そのままの意味と捉えて良いです。
それぞれ、誰かによって行われた回数が表示されています。



詳細のクリック数


詳細を確認するためにツイートをクリックした回数

スマホやPCでツイートに対してタップやクリックした回数です。



埋め込みメディアのクリック数

ツイート内の画像や動画を表示するためにクリックした回数


ハッシュタグのクリック数

ツイート内のハッシュタグをクリックした回数


フォロー

ユーザーがツイートから直接フォローした回数


ツイートアクティビティは自分もカウント対象?



自分のクリックは、自分のツイートアクティビティのインプレッション
・エンゲージメント数にカウントされます。


現状は自分の行動も全て反映される仕様になっております。
さらに、同じ行動でも複数回行うと重複してカウントされます。