アフィリエイトで早く結果を出したいと思うのであれば、
とにかく記事量産でコンテンツのボリュームをつける事と
記事を書くスピードを上げて短期間で量産する事が大事です。


サイトは、記事が多ければ多いほどにコンテンツが濃くなるので
Googleに中身があるサイトと評価されて強くなります。

 

例えばGoogleは30記事あるサイトより60記事ある
サイトの方を優遇します。

記事の量が多いと言う事は、それだけ全体での情報量が
詰まっている事を意味しますので検索順位に良い影響を与えます。

 

本質を言うならば、文字数云々以上に、価値あるコンテンツで
あるかどうかがポイント
になっている。

コンテンツの価値を上げる為には、ある程度の文字数が、
どうしても必要となってきます。

 

文字数が少ないと、伝えたい事も伝えにくいのです。
ある程度の文字数があるだけで、読み応えも出てきますから。

そこで注意しなければならないのは、文字数です。
1記事辺り最低でも1000文字を切らない様にして、
できれば1記事1000~1500文字くらいの間が量産する上では望ましいでしょう。

 

2000~3000文字と増やす分には更に情報充実の記事と
認識されて優遇されるのですが、ここまで書くと1記事を
書くのに時間が掛かり、記事数を増やす事に遅れがでます。
なので、量産するのであれば、1000~1500文字が妥当です。

 

記事のスピードと質のバランス

 

記事は、なるべく早く仕上げるに越した事はありませんが、
短時間のあまり、雑に仕上げてしまっては読者に読まれず
直帰されてしまいサイトの評価を落としてしまいます。

記事を早く書くのも大事ですが、それに質も伴って
来なければなりません。

 

最初から質を追求しても、なかなか難しいものがありますので
スピードをまずは追求して、記事を書く事に慣れてみて下さい。

1000文字を40分程度で仕上げるのが理想です。
そうすれば、1日2時間空き時間あれば3記事書けますね。

 

書いてきた記事量の経験と共に、質は向上して行きます。

質と言うのは、ユーザーが「役に立つ」「面白い」「勉強になる」
などと読んだ後に何らかの満足を与える意味を指します。

 

ユーザーが「納得」「関心」「感動」する様な心に響く記事
と言うのは、有益なコンテンツとして、検索上位に掲載
しなければならないとGoogleは判断します。

検索する側としては、知りたい情報を調べた時に1ページ目の
上位にあるサイトから閲覧する癖を持っています。

 

Googleとしては、ユーザー全体に受けるであろう記事は、
1ページ目の上位に配置したいはずです。

それが、敷いては検索エンジンの信頼であり利便性に繋がるからです。
知りたい時に、分かりやすく適切に回答してくれる様なコンテンツが
上位にある事が、ユーザーにとっても望ましいと言えます。

 

もし、薄っぺらで的外れな記事を上位に表示していたら、
Googleとしても検索の信用問題に関わってくるので、
正当に順位は決めなければなりません。

いくら質の良い記事を書いていると思っていても、それは
ユーザーが決める事なので、自分で思い込みしていても
Googleの評価に直結しません。


 

自己満足に質が良いと勘違いしてしまうと、とんでもない
すれ違いなので、記事量産をしても報われません。


Googleは、ユーザー全体のサイト内の動きを指標として
正当に評価して検索順位決定をしているので、ユーザーを
第一に考えて、支持されるコンテンツを目指す必要があるのです。

 

それは、滞在時間や直帰率やTwitterの拡散率やブックマークなど、
さまざまな観点を材料に総合して評価を下しています。

記事を書くと言う事は、情報を色んなサイトから集めて
自分なりにまとめなければなりません。

 

色んな他のサイトを見る事で、記事の構成や書き方と
言うものを実際に見てインプットを繰り返します。

すると、多くのブログのライティングテクを身に着ける
事に繋がって行きます。

 

ブログを書いた事のない人は、どうやって話を組み立てて
何から書いたら良いか分からずに、1200文字1記事書くのに
2~3時間と長い時間を費やしています。


それは、パターンであったり、タイピングスピードであったり、
情報源の拾い方や、まとめ方が不慣れだからです。


 

これが、100記事、500記事、1000記事と積み重ねて
行く事で自然と上達して行くでしょう。

初めは、記事を仕上げる感覚を掴み取り慣れさせて行くのです。
心身ともに浸透させる事で、勝手に手が動くレベルにまで
染みついて行きますから。

 

だから、ブログ書くのが苦手で質の良い記事を書くのが
難しいと立ち止まるのではなく、まずは記事の質はおいて
仕上げてみる事に重点を置きます。

初めは、とにかく練習だと思って記事をとことん書いてみる
に尽きると思います。


 

文字数を達成させる事を目指して、後から修正や補足を
して最終調整をするスタイルの方が効率が良いです。

初めから完璧に仕上げ様とすると、いい加減にできない
為に、迷いながら進める事になるので考え込む時間が
費やされてしまいます。

 

ある程度は妥協してみるのも手です。最初は下手で
当然なのですから、徐々に改善していけば良いのです。

あとは、ブログのジャンル選びもスピードに直結します。
自分の得意分野や経験のある分野を選ぶと、既に
頭に入っているのでスラスラと書けます。

 

それは1次ソースのオリジナルコンテンツとして
Googleから評価されます。


全く知識がないジャンルを狙うと、どこかから情報を引っ張って
こなければならないので、どうしてもコピー率を高めてしまい
オリジナル要素に欠けて、他と似たり寄ったりの価値のない
コンテンツを作ってしまう事になり得ます。