アフィリエイトと言うものは、すぐに楽して大金が入る様な
短期的に何とかなるものではありません。


爆発的に稼いだり、安定して稼ぐには
長期的に継続できる力が問われます。

 

・稼ぐまでに食らいついて行く執念
・稼げない期間を我慢するだけの忍耐力


 

この2つが、正に最終的には物言うのです。

 

ノウハウや知識、センスや能力などに恵まれていなくても、
それは勉強したり、練習する事で徐々に上達するので大丈夫です。

 

問題は、この2つに絞られます。


「稼ぎたい一心」があるからこそ執念があります。
「稼げるゴール」があるからこそ忍耐力があります。

 

物事に対して、燃え尽きる熱さや、苦しみ
抑制して逃げ出さないのは、その先に
追い求めている光があるからです。

先々が暗闇だと分かっていたら、そんな
無意味な事を誰もが望まないでしょう。

 

まだまだアフィリエイトが一般社会で浸透していない今でも、
「本当に頑張れば当たり前にサラリーマンの月収以上になる」
を信じなければなりません。



もし、少しでも疑いながら半信半疑で進めているのなら、
どこかで何かを理由に辞めてしまったり、疎かになるでしょう。

 

アフィリエイトに対して真っ直ぐな情熱と何の疑いもない
素直な心を持って始める事でチャンスをモノにできるでしょう。

 


アフィリエイトに執念を持つ為に?

 


まず時間はやってくるものではなく、作るものです。

目標を達成させる為に、時間を確保する事が先手です。
時間に余裕がないと執念は生まれません。

 

結果を得るだけの条件を確保できなければ、
物事を一心になす事が、そもそもできないので
執念以前の問題になってきます。

アフィリエイトは記事を書く事、つまりコンテンツ作成が
9割以上を占めます。

 

その中で、当たり外れが出て記事ごとのアクセスに
差が生じるでしょう。

外れ記事に対して、今回は外れたけど、次は
当たるだろうと思える事が執念です。

 

外れたから、また外れるのではないかとか、
当たりは、ごく僅かしか出ないなとか、
思ってしまったらダメなんです。


外れたからこそ次があると思う事が執念です。
マイナスの方向からプラスに持っていく力ですね。

 

それは、自分の思いに拘る強さに値します。


最後まで、貫き通すスタイルを崩さない事ですね。

 

忍耐力をつける為には?

 

過去の半生を振り返ってみて、何かを始めたのに
途中で断念してしまった経験はありませんか?


・学生時代の部活が長続きしなかった
・入ったばかりの仕事が、すぐに嫌になった
・やろうと決めたダイエットが続かない

 

人は、苦労とか面倒な事や泥臭い事が苦手です。
楽をしたがる癖があるので、簡単なものや綺麗なもの
を好む傾向にあります。


 

人の脳が飽きやすくなっていて、自分にとって重要なことと、
そうでないことを見極めているのです。


本当に好きな事に対しては、続けようとか、頑張ろうとか
思わなくても自然と長続きします。

アフィリエイトも無意識に長く続けられないのは、
脳が本当に重要なことと認識をしていないに他なりません。

 

実際に稼げると分かっていても、それは表面上の上辺だけしか
理解していないので、脳が奥深くまで認知していないのです。



それには、実際に本物の成功体験を味わう事が先決です。


だからこそ、当たり前に取り組めるレベルにする為に、初めは
どんな小さな成果でも良いので、まずは結果を出す事なのです。

 

最初は、とにかく我慢の連続です。見返りが全く見えない中で、
ひたすら向き合わされる日々が続くでしょう。



いかに、忍耐強く一定のスピードで進めていけるかが焦点となります。

やがて、必ずや日々の積み重ねが実を結ぶ瞬間がやってきます。

 


では、忍耐力をつけるベースは?

 


・目的の明確化と根拠

何の為に目標を達成させなければならないかを
具体的に模索する必要があります。

 

将来の自分にとって何をもたらし、与えてくれるのか?
この部分を洗い出して並べてみます。

目的地に辿り着く過程において、何度となく訪れるで
あろう困難に直面した時に、やる意義を理解して
いればブレそうになる自分を落ち着かせてくれます。

 

・習慣化させる

 

計画した事を実行している最中と言うのは、最初は
不慣れなものです。

どうしても、リズムを作れずに落ち着きません。
すぐに席を立ち他の事をしたくなったりします。

 

それだけ、作業が定着していない証拠です。
まずは、机に座ってパソコンに向き合う時間を
増やして行く事を意識しましょう。



作業するポジショニングを確立できれば、
無意識に、そこにいる事が当たり前になっていきます。

 

すると、作業をせざる得ない状況ですから
自然と取り掛かるでしょう。

これが、習慣化です。毎日のスタイルの中に
自然と溶け込まれて行く感覚を植え付けさせるのです。

 

最終的には、作業が心地よく感じてくるでしょう。
チリも積もれば山となる喜びに満ち溢れて行きます。

やればやる程に、どんどんと雪だるま式に、
媒体は大きくなり加速して行きます。


 

日々の努力が成果として実ってくるのです。


やる事で報われていること実感した時には、
マインドは出来上がっていますので、揺るがない
ものになっているでしょう。