WP Super Cacheとは?



WordPressのサイトから静的なHTMLを作ることでキャッシュ処理を
行い、ページ表示速度を改善するするプラグインです。

WordPressの標準の仕様では、Webページにアクセスがあると、
毎回動的にページを生成します。



これでは、アクセス数が増えた時に、
ページ表示が遅くなる原因になります。


WordPressはPHPという「サーバーサイド・スクリプト言語」
を利用して生成されているCMS(Content Management System)です。

サーバーサイド・スクリプト言語は、閲覧者がサイトにアクセスした時に
PHPスクリプトが実行される仕組みになっています。



その結果をウェブブラウザに対して送信しています。


毎回PHPスクリプトを実行するため、サーバの状況で
表示が遅くなってしまうこともあります。



WP Super Cacheを利用する事で、毎回負荷のかかる処理は行わずに、
以前生成したキャッシュを利用してページを表示します。

ブラウザには「キャッシュ」と言う、
閲覧の記録を記憶しておく機能があります。


これにより、ページ表示が高速化が実現できます。


このプラグインが優れている点

・キャッシュ処理を利用してWebサイトのページ表示を高速化できる。
・Mod_Rewrite、PHP、レガシーなページキャッシングに対応している。



WP Super Cacheの導入



プラグイン新規追加で、『WP Super Cache』を検索してインストール有効化します。

『設定』⇒『WP Super Cache』をクリック

superkyaltushu


管理画面の一番上に表示されている「キャッシング利用 (推奨)」を選択して、
「ステータスを更新」をクリックします。


2016000000


これで、WP SUPER cacheの設定は完了です。


サイトの表示速度は約10~20%は改善されます。
ページ表示速度が少しでも上がると、ユーザーにとって
利便性を高めますのでSEO的にはプラスになります。