ネットビジネスをやる目的は、ただ一つお金を稼ぐ
だけでしかありません。

勿論、人の役に立つとか、困っている人を助ける、
スキルアップだとかもありますが、根底にあるのは
利益を発生させる仕組み作りです。

 

この儲かる仕組みを作りたいと願って始めても、
誰しもが仕組み構築を達成できるわけではありません。

そこに辿り着く過程には、挫折と言うものが存在します。
挫折とは、計画してきた予定が思うように進まずに
途中で投げ出しダメになる意味合いです。

 

挫折する人の典型的な例


 

・何事も面倒くさがり屋
・根気強さがなく諦めが早い
・他力本願で自力で何とかしようとしない
・何でも他人任せの癖がある
・メンタルが弱く、落ち込みやすい
・そんな書いてもいないのにアクセスばかり気にする


 

・普段からテキパキと行動に移れない癖がある
・部屋は散らかっている
・ゲームやテレビに熱中すると時間を忘れてしまう
・自身が持つ力を信じていない
・そもそもアフィリエイトに疑いがある
・稼げるのは、ほんの一握りと豪語する

 

・マニュアル自体を否定して詐欺と言う
・ライバルが多すぎて飽和していると言う
・パソコンに対して疎い
・アフィリエイト以前に、パソコンの最低限スキルがない
・ネットサーフィンをあまりしたことがない
・検索して調べるのに慣れていない
・アフィリエイトの仕組みがよく分かっていない


 

などが挙げられます。
アフィリエイトを最後まで続ける事が厳しい人は、
アフィリエイト以前の問題が多いです。

 

それは何か?


 

・基本的なパソコン操作が出来てない
・本当に忙しくて時間が作れない人
・精神が不安定で常に病みやすい人
・昔からお坊ちゃま気質で苦労が嫌い
・目が疲れやすくPC画面と向き合えない
・すぐに眠くなったり、疲れて休んでしまう

 

この様に、個人の問題は個人で解決しなければなりません。

 

いくら、優秀な指導者の下で最高峰のノウハウを
学んでも、活かす本人が、しっかりしていなかったら
どうにもなりません。


 

今はアフィリエイトを稼ぐ為の環境は、十分に整っています。
乱立する塾に入れば、同じ志を持った仲間と切磋琢磨に
頑張れるだろうし、PCの画質も綺麗になり、ネットの速度も
昔に比べて格段に早くなりました。

 

検索すれば、分からない事はないくらいに、サイトが
無限にあり、調べる事ができます。

こうした恵まれた環境の中で、結果を出すのは
本人が本気でやるかどうかの問題になってきます。

 

ネットビジネスは、電波を通じて同じ仲間と繋がって
いますが、基本的には一人での戦いです。

挫折しても引き留めてくれる人は身近にいないのです。
会社と違って、辞める為に1か月前に辞表を出す制度も
ないので、辞めたければスパッと辞められる。

 

簡単に、ぶん投げる事ができるから、
投げ出してしまうのは、情けないです。

未来の自分を救済したいと思いませんか?
挫折してしまえば、その時は解放されてスッキリ
するかもしれませんが、将来きっと困る時がきます。


 

その時に、後悔する自分の姿を思うと悲しくなりませんか?
自分が一番可愛くて仕方ないはずです。

未来の自分に報酬を送る気持ちで、
今を懸命に取り組んでみてはいかがでしょうか。

将来の自分が過去を振り返った時に、もっと努力して
いれば良かったと後悔しても遅くなってしまいます。