Googleアルゴリズムとは?



Googleアルゴリズムとは、検索エンジンのアルゴリズムの事を指します。


ユーザーのキーワード検索に対して、無数にあるコンテンツを
ランキング化するためのルールの事を、アルゴリズムと呼びます。


検索エンジンに必要なのは答えです。

アルゴリズムは、ユーザーが必要とされている情報を、
精度高く提供するための手がかりを探すコンピュータプログラムです。


Googleの目的は、ユーザーの質問に対する答えをより正確に
検索結果として提供することが努めなのです。

 

現在の検索エンジンの順位は、Googleアルゴリズムによって決まってきます。

Googleのエンジニアは、常にアルゴリズムを更新し続けており、
毎年何回もアップデートが繰り返されて進化しています。



その変更回数は1年間に500回とも言われております。


無数のコンテンツを公正に評価して正確な順位付けをする為に
何度も何度もアップデートを繰り返していると言えます。


アルゴリズムは更新する度に、検索結果に表示されるコンテンツは
順位変動を繰り返します。

日々、順位が入れ替わっているのはこのためです。

 

Googleアルゴリズムが検索順位を決定する要素は?


 

現在のGoogleアルゴリズムがコンテンツの順位決定をする要素は
200以上あとと言われいます。

 

その一つ一つの要素に複合的に絡めて検索順位を決定しています。

 

Googleアルゴリズムがもたらすもの




アルゴリズムによって、特定のキーワード(検索語)に対して、
最も関連性のあるWebページをユーザーが発見しやすくなります。

ユーザーが検索で探し求めている答えが適切に書かれたコンテンツが
上位表示されなければ、素早く悩みや疑問を解決に導く事はできません。

 

アルゴリズムは、検索エンジン利用者の利便性を高める事に貢献しているのです。

ここ数年の間で、パンダアップデートペンギンアップデートハミングバード
ピジョンなどの新しい大型アルゴリズムが次々と作られた。



勿論、名前のない小さなアルゴリズムも多数存在します。

これのアルゴリズムはSEOに良い意味での変化を与えています。



こうしたアルゴリズムの改良は、ユーザーに焦点をあてるGoogleの方針と言えます。

検索者が探している正確な情報を可能な限り早く手にできる様に
手助けすることがGoogleの使命であるので、アップデートによって
品質の高いコンテンツを上位で露出させるのは必然性と言えます。



Googleアルゴリズムの種類(一部)




パンダアップデート(別名:ファーマーアップデート)


導入:2011年2月25日(英語環境)
2012年7月18日(日本語環境)


ユーザにとって役にたたない、価値のない低品質なサイトの順位を下落させて、
価値のある品質の高いオリジナル性のあるサイトの順位を上昇させたアップデートです。


パンダアップデートの例



ユーザーにとって、読む価値が低いコンテンツ


ユーザーにとって価値の低いサイトは、検索エンジンロボット用に
コンテンツを作成されたページを含むサイトを意味します。

キーワードの乱用、文章として成立してないもの、ユーザーが求めている
情報の量が少ないサイトです。


アフィリエイト広告が多い


アフィリエイト広告が殆ど占める割合のコンテンツは価値がありません。



コンテンツのボリュームが少ない


コンテンツのボリュームが少ないコンテンツは薄いのでユーザーを満足させられません。




ペンギンアップデート




導入:2012年4月24日(英語環境)

Googleのガイドラインに違反、スパム等を行い故意にキーワード順位を
上昇させようとしているサイトを排除するためのアルゴリズムです。

 

以下の様な行為はスパムの対象となります。

ページランクの転送を目的として売買したリンク
過剰な相互リンク
アンカーテキストに、キーワードを詰め込んだリンク


SEOを過剰に駆使して検索結果の上位に表示させようとするサイトや、
スパム的な手法を用いているサイトの順位を下げさせますが、
逆にユーザーにとって有益なコンテンツを上位表示させます。



Googleアルゴリズムによって検索エンジンは浄化し続けている



Googleが次々とアルゴリズムを更新していますので、
品質の悪いコンテンツは徹底して排除され続けています。


ユーザーの利便性を損ねるコンテンツは順位が下がったり、
ペナルティを受けたり、インデックスから削除されたりされます。



どんどん一掃する事によって、検索エンジンが適切に保たれ
ユーザーの利便性を維持向上して行く事が可能となります。

しいては、検索エンジンを利用するユーザーの厚い信頼を構築する事ができます。