他のサイトのリンクを自分のサイト内に張る事を外部リンクと言います。

この外部リンクはそのまま貼ってしまうと運営されているページの持っている
「評価(ページのパワー)」の一部をリンク先ページへ与えている状態になります。

運営サイトの「評価」を別サイトへ流出することを防ぐにはnofollowタグをつけなければなりません。

設置は簡単でリンクアンカー要素に「rel=”nofollow”」の記述するだけで
外部リンクは存在したままで「評価」の流出を防ぐことができます。

これは

「このリンク先をフォローしません」

「nofollowの指定したリンクは評価しないでね。」

「このリンク先にクローラーは辿らなくていいからね。」

という意味の記述です。

指定したリンク先をクローラーの評価対象から除外する目的で使われます。

クローラーは、「rel=”nofollow”」がついているリンクを無視してリンクを辿りません。

ですから、リンクジュース(Page Rank)も渡しません。

記述方法はと記載します。


SEOパワーを逃がさない外部リンクの貼り方



これが通常のリンクの張り方です。


<a href=”http://mahills.com/”></a>


これが別タブを開くリンクの張り方です。


<a href=”http://mahills.com/” target=”_blank”></a>
 

この様な外部リンクの貼り方ではSEOパワーの一部を
相手サイトへ引き渡す事になります。

 

SEOパワーを渡さない通常リンクの張り方

 
<a href=”http://mahills.com/”  rel=”nofollow”></a>
 

SEOパワーを渡さない別タブを開くリンクの張り方です。

 
<a href=”http://mahills.com/” target=”_blank”  rel=”nofollow”></a>


rel=”nofollow”をつける事によって、
SEOパワーを逃がさずに外部リンクを張る事ができます。

これらのアンカーテキストタグはメモ帳に保存して使うと良いでしょう。

 

nofollowタグはどんな場面でつける?



基本的に外部リンクを張る際は、全てにnofollowタグを付けた方が良いです。

そうすれば自分のサイトのSEOパワーを漏らす事がなくなります。



逆にnofollowタグを毎回つけずに外部リンクを張っていると、
どんどんSEOパワーが逃げるので自分のサイトのドメインパワーが低くなります。

nofollowタグをつけない場面は、SEOパワーを相手サイト渡したい時です。
それは別のサイトを作成した時に被リンクを送りたい時くらいでしょう。



基本的に自分以外のサイトにボランティアで
SEOパワーを渡したいとは思わないでしょうから。


関連記事:賢威6.2のnoindex、nofollowの使い方!

関連記事:ソーシャルメディアがSEOに与える影響は?