ファビコンとは、(favorite icon)の略でブラウザー上で、
そのウェブサイトのシンボルマークとして使用されるアイコンを指します。

アドレスバーの冒頭やブックマークの一覧、タブブラウザーのタブなどに表示されます。



ブラウザ上のYahooのファビコン

yahoo


ブラウザ上の価格.comのファビコン

kakakukoa


ブックマークのファビコン

fabikonna


sa-baaikon
 


ファビコンは何の為に?




ファビコンは設置する目的は見栄えを良くする為です。

サイトを開いた時に、何気なくブラウザのタブに画像が入っていたら
良い感じに映るはずです。



サイトをより魅力的に見せる意味があります。

ブックマークにおいてもファビコンを設定しておくことで、
複数のブックマークサイトの中から見つけてもらいやすくなります。


ファビコン画像の用意



画像拡張子は、「png」「gif」「Jpg」で作ります。

最終的には「.ico」に下記のサイトから拡張子を変換します。



サイズは正方形の画像を用意します。

ファビコンは、強制的に正方形に整えられ画像の
縦横比率が変わり見栄えがよくないので、正方形で整えます。



下記サイトで「32×32画像ファイルを選択」で画像を選択したら、
「favicon.ico作成」、「ダウンロード」します。


gabikosakuse


ファビコン作成

fabikonsakui


ダウンロードをクリック

gabidauroo


左下にファイルがダウンロードされます。

fabiioca


ファビコンの表示サイズは、16✕16ですが、ブラウザのショートカットを
作成された時もファビコンが適用されるので、32×32で作ります。

ファビコン画像作成ページへ



※png、gif、jpg(jped)、bmp、などの画像ファイルをico形式に変換してくれます。
ファビコン画像をワードプレスにアップする

ワードプレスの「メディア」⇒「新規追加」をクリック

拡張子が.icoに変換された画像を追加します。


medekiakara


画像URLは設置の際に使います。

gazouurlwo


ファビコンを挿入します。

「テーマ編集」⇒「header.php」

F3キーを押して< head>~< /head>内にある、

の部分を探します。

 

そしたら、下の部分を全て削除します。



削除した箇所に下記のタグを貼り付けます。

“画像(.ico)ファイル“の部分は、
作成したファビコン画像のURLを記載します。

これで、ファビコンが設置されます。