アフィリエイトで直面する難題と言うのは、
出来ないと思い込み逃げるのではなく、
何かの試練として、受け止める覚悟がいります。


大きな変化の前には、大きな試練が起こります。
変わる為には、試練と言う壁を避けては通れません。

 

そういう意味において、難題と言うものは、次なるステップに
進む為の大事な試練であると言う事が伺えます。


だからこそ、避ける事は、いつまでも同じステージを
彷徨い続けてしまう様なものです。

 



現実の世界を生きると言うことは、平凡な日常を、
ただ何となしに過ごすことはできない様になっています。

晴れの日ばかりは続かずに、雨や雪や嵐や雲などが
訪れて常々変化する様に、いつ何が起こるか分からないのです。


 

その時々における変化に適応するだけの力が
アフィリエイトでは、必要となってきます。

試練は、自分の潜在意識が起こしています。
それはなぜかと言いますと、

 

感情と言うのは、常にニュートラル(中立)な位置に
あるのですが、試練の前には極端に上がったり、
下がったりします。


この波の状況を元に戻そうとする働きが起こります。

 


例えば、両親の定年がきっかけで、年金生活に
入って毎月入る家族の収入が少なくなり、質素な
生活になってしまった。

 

今までは、遠出の旅行も行けていたけど、これから
行けなくなるし、食費も削るので豪華な食事もできなく
なってしまうなどの生活水準の低下が危機とします。

 

これによって、一緒に住む若い息子である子供は、
「この窮地を何とかしなければならない」
と、途端に感情が一気に舞い上がります。


高揚した気の状態は、今まで平凡な暮らしをしていた
子供にとって成った事のない感情の変動です。


 

この時に、子供の中では育ててくれた親への感謝の
気持ちから、何とかお金を稼いで両親を助けようとします。

 

この一連のプロセスを見ると、人は追いつめられた時に
感情が揺さぶられて、それが原動力となり本気で
取り組む事が分かります。


 

いつまでも親に甘えてはいられない。


だからこそ、自力で何とかしなければ明日ははない。
新たなるステージを与えてくれたのは、ピンチです。

 

人は、絶体絶命とされる場所で、感情を上げ下げして、
もがきながらも這い上がろうとするのです。


他の例では、今の給与や賞与だけでは、ギリギリの生活にも関わらず
子供が新しく生まれる事になってしまったら、父親として家族を
養う事ができない危機を感じますよね。

 

そうした時に、転職という選択肢を取って、今より給与や賞与が
高い会社へ再就職をしなければならない窮地に立たされます。

 

この事例では、新しい生命の誕生により、子供の成長とともに
食費や学校へ行かせる為の費用や洋服代などの負担が
出てくる事によって、ピンチを感じるわけです。

 

すると、「何とかしなければ」と危機感を覚えて、そこから
一刻も抜け出さなければと次なる一手に出るのです。

 

例えば、正社員で一人暮らしをしていて生活する分には困らない
状況であれば、欲がよっぽど深くない限りは、お金には
執着する事はないので、アフィリエイトをしていたとしても
追い込んでまで努力はしないものです。

 

アフィリエイトで結果を出すには、圧倒的なコンテンツを作らなくては
ならないので、圧倒的な作業量が必要となってきます。

 

この量をこなすスピードは、元々の能力も関係していますが、
個人の生活水準と危機感も大きく関係していると考えられます。

 

「お金」と言うものが、どれだけ大事なもので、必要な道具であるか?


各々の価値観は異なりますが、執着が強ければ相応の行動と
努力をして、それなりの実績を作っていく傾向にあります。

 

試練とは時の経過で与えられるが、新しい人生の
幕開けを用意してくれているので、壁を壊して
次なる世界に移住しようではありませんか。

 

壁を突破するには、1点集中が1番効率的です。
なので、アフィリエイトの他に複数の趣味があると、
当然に非効率と言う事になります。

 

アフィリエイトは、あれもこれも手を出して突破できる様な
生易しいものではありません。

空き時間を有効活用して、精神と身体の全てをアフィリエイト
1点に集中させて行きましょう。

 

試練はプロとして乗り越えるのは当然

 

アフィリエイトは、副業とは言えプロ入りする様なものです。
だって、自らの力で利益を生み出していますから。

お金を貰って人を満足にさせる生業ですね。
アフィリエイトであれば、作ったサイトが多くの
人の役に立って、その見返りとしてお金を貰います。

 

何であれお金を頂ける仕事をしているならば、
好き嫌い関係なく全うする必要があります。

 

だからこそ、

・難しいからやらない



・やる気が出ないからやらない
・作業が途中で面倒になってしまう
・分からない事は飛ばせばいい



などの戯言は言ってられないのです。

 

極端ですが、プロと言うのは命をかけなければ
本物ではありません。

仕事と言うものに、意地とプライドがあるのです。
お金が発生している以上は、人の満足のいく
サービスを提供し続けるのです。

 

サイトで言えば、薄い内容、どこにでもあるコピー内容、
改行がなく見にくい文字、などでしたら不便を感じますよね。

こういう、サイトは人の役に立っていません。
それは、ユーザーが離れて行く事に繋がります。

 

結果として、報酬も少ないでしょう。

 

人の感謝される、利便性が良い、参考になるなどの
コンテンツを提供すれば、ユーザーは、また訪問するでしょうし、
口コミで評判となり人が集まってくるようになる、それは
検索エンジンにも評価されて上位に表示してくれる。

 

つまり、人の評価を基準として、プロとしてサイト
作りに励む事は、結果的にすべては自分に返って来ます。


だからこそ、もっと真剣に記事を書いて行きましょう。