レンタルサーバーのデータ転送量とは?



転送量とはサーバーからのデータ送受信の合計サイズです。

サイトが表示される際は、閲覧者のブラウザからwebページを
表示させるのでリクエストがサーバーへ送られてきます。



サーバーはそれに応じて該当のwebページのデータを送っています。

サイトにアクセスがあった場合、そこに書かれている文字、画像、動画などを
閲覧者のパソコンに送る時に送られるデータの大きさを表す数値を転送量と呼びます。



データ転送量には以下の様なものがあります。

・HTMLファイル
・画像ファイル
・音楽ファイル
・映像ファイル


・FTPでのアップロード・ダウンロードのファイル転送の合計サイズ
・メールの送信データの容量

これらの転送量合計が一日の転送量の上限目安です。

その転送量の上限値を超えてしまった場合は、サーバー側でアクセス制限がかかります。



各サーバーにて定められた転送量を越えてしまうと
サイトに訪問したユーザーが閲覧できなくなります。


転送量の計算



例えば、テキストベースのページで1ページあたり100KBの転送量だとして
一日に5000アクセスあった場合、

100KB × 5000 = 500000KB = 500MB

一ヶ月では、

500MB × 30 = 15000MB = 15GB

となります。

 

これは1ページだけの転送量です。

 

仮に10ページに5,000アクセスなら単純に10倍の転送量(150GB)になります。

でも、10ページに均等に5,000アクセスって事はあまりないです。
だいたい1記事がずば抜けているだけです。

 

例えば 1ページあたり100KBのページに10000アクセスがあった場合の転送量は、

100KB×10,000アクセス=1,000,000KB(1GB)



例えば、200KBのページに1日2000アクセス、これが30日続いた場合の転送量は、

200KB×2,000アクセス×30日=12,000,000KB(12,000MB = 12GB)


バイト(Byte)とは?



コンピュータで扱われるデータの量(サイズ)の大きさを表す
単位として「バイト」が使われています。



半角英数文字1文字のデータ量が「1バイト」です。

1024バイト=1キロバイト、1024キロバイト=1メガバイト、
1024メガバイトが1ギガバイト、大きさにより単位が変わります。



1KB(キロバイト)=1024バイト
1MB(メガバイト)=1024KB(約100万バイト)
1GB(ギガバイト)=1024MB(約10億バイト)
1TB(テラバイト)=1024GB(約1兆バイト)



単位が一つずつ上がるごとに、1024倍になります。

パソコンの世界では2進数を使っているので
1024で位が上がります。


転送量無制限とは?



無制限のサーバーはありますが特に制限値を明示していないだけで、
内部的には一定の転送量を超えると制限がかるので注意です。

無制限だから転送量に上限がないと言う意味ではありません。
転送量課金がないという意味です。
 

レンタルサーバー別の転送量比較



さくらインターネットが転送量においてはダントツです。


サーバー会社 月額 プラン 容量 転送量 月間PV数
さくら 515円 スタンダード 100GB 80GB/日 120万PV
ロリポップ 500円 スタンダード 120GB 10GB/日 15万PV
ミニバード 250円 プランなし 50GB 5GB/日 7.5万PV
ファイアバード 500円 プランなし 100GB 10GB/日 15万PV
wpxレンタル 1000円 プランなし 30GB 50GB/日 75万PV
Xサーバー 1000円 X10 200GB 70GB/日 105万PV