記事編集中に、過去に書いてきた記事をリンクする場面が出てきます。

そういう場面で、一々記事URLをコピーしてリンクを挿入するのは手間です。



「Link to Post」と言うプラグインを使えば、ボタン操作一発で
簡単にリンクを挿入する事ができます。


内部リンクとは?




内部リンクとは、外部リンクという言葉の反対の意味です。
外部リンクは、自分のサイト以外のサイトが自分のサイトへリンクを貼ってくれる事です。

これに対して内部リンクは、自分のサイト内でリンクすることです。
自分のサイト内で書いてきた過去の記事へリンクを貼る事です。



ですから、自分の記事内の他のサイトのリンクを貼る事は、
「内部リンク」には入りません。

あくまで、自分のサイト内の全ての過去記事のリンクを指します。



「Link to Post」の使い方




まず、「Link to Post」をインストールして有効化します。

 

リンクを入れたい文字をドラックします。

すると、Link to postのマークが出現します。



linktoposu
 

「Link to post」のマークをクリックすると、過去記事が表示されます。


過去記事をクリックするだけでリンク挿入されます。


linktopost2

過去記事の検索も可能です。


kensakuaa


「Page」をクリックします。

固定ページのリンク挿入も可能です。

peagea


categoryでは、カテゴリーページへのリンク挿入が可能です。

kategori-


内部リンクはSEO効果抜群



評価を高めたいページの内部リンクの本数を多くすることにより、
サイト内で重要なページとGoogleに認識されて、順位が上がりやすいです。


これは外部リンクよりも重要度は下がりますが、SEO効果は抜群です。



要は、リンクが多く集まるページはサイトの中でも重要なページと判断され、
そのページを持ち上げなければならないと判断されるのです。


サイト内でリンクが集まるページは、何か意味のある重要な事が書かれたコンテンツ
なのではないか?と認識されるのです。



もし、サイト内で最も力を入れた良い記事だと自負するページがあるのでしたら、
その一つのページに内部リンクを集中させると順位が上がりやすくなります。