WordPress サイトの記事作成を外注に依頼したい場合に、
サイトのIDとパスワードを新しく作成する事が可能です。

 

その際、管理画面のどの範囲まで操作できるかの権限をつける事も可能です。

例えば、信用できない外注であれば管理画面から記事作成までは出来ても、
記事公開まではさせない様にしたりできます。

 

ユーザー権限は5つあります。

 

管理者:WordPress の全ての操作が可能。

 

プラグインの新規追加から設定、テンプレートの変更やカスタマイズ、
コアの更新 、エクスポート/インポート、記事作成から投稿など全て操作できます。

 

編集者:コンテンツに関する全ての操作が可能。

 

投稿と固定ページの作成・編集・公開、他のユーザーが
書いた記事の編集・公開、カテゴリーとタグの編集、コメントの承認ができます。

 

投稿者:記事の投稿や編集、公開が可能。

 

自分が書いた投稿の作成・編集・公開はできるが、
他のユーザーが書いた記事の編集や公開はできません。

他には、固定ページの作成はできません。

 

寄稿者:記事の下書きと編集のみ可能。

 

投稿の作成・編集はできるが、記事の公開はできません。

作成した記事はレビュー待ちとなり、サイト運営者が確認後に公開されます。

他のユーザーが書いた記事の編集、メディアファイルのアップロードもできません。

 

購読者:閲覧のみ可能。

 

使用できる機能が最も制限されています。

WordPressの管理画面にログインできますが、
記事の作成も投稿もできません。

 

できるのは、閲覧のみです。
グのコメント欄のコメントを読んだり、コメントを投稿できます。

 
権限別の比較表 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
テーマの変更と編集
プラグイン
ユーザーの追加
各種設定の編集
コメントの承認
カテゴリーの管理
リンクの管理
既存記事の編集
固定ページの編集
メディアライブラリ
新規記事投稿
新記事作成
閲覧
 

外注の権限はどうする?

 

信用できない外注であれば寄稿者で記事のみを作成して頂いて、
完成した記事はこちらで確認してから公開する様にします。

アドセンス広告を掲載しているサイトの場合は、
アドセンス規約違反の記事を公開されるリスクがあります。

 

ある程度、信用できる外注であっても、どっちみち
記事の内容はチェックしなければなりません。

 

誤字脱字がないかとか、文章は適当に書かれていないかとか、
コピー比率はどうかとか、総合的に見て大丈夫と
確認するまでは公開するべきではありません。

もし、コピペ記事を公開されてGoogleにクロールされてしまえば、
サイトの評価は落ちてサイト全体の順位を落とします。

外注の権限は、寄稿者が一番無難と言えるでしょう。

 

新規ユーザーの作成方法

 

管理画面から 「ユーザー」 →「 新規追加 」をクリック

sinkiyuza-
 

ユーザー名、アドレス、パスワードを記入し、
権限を選択したらユーザー追加します。

ninide3


すると、新規ユーザーが追加されました。

satouaya