「EWWW Image Optimizer」は、画像をアップすると
自動でファイルサイズを圧縮してくれます。

 

また、過去にアップした画像を検出し、ファイルサイズの圧縮を一括でできます。
画像圧縮されれば画像のデータ容量を減らし、
それによってサイト表示を速くすることができます。

 

EWWW Image Optimizerは、以下の3つの機能があります。

 

画像アップロード時に自動でサイズを圧縮

 

プラグイン導入後は画像をアップする度に自動で圧縮してくれます。
画像を何枚アップしてもサーバーが重くなる事を気にする必要がなくなります。

 

過去にアップロードした画像サイズの一括圧縮

 

過去にアップしてきた画像を一括で圧縮ができます。
1000枚でも2000枚でも一瞬で圧縮が可能です。

 

WordPressテーマ(テンプレート)内の画像を一括圧縮

テンプレート内にある画像を一括で圧縮します。

 

EWWW Image Optimizerは、SEO効果を高めます。

 

EWWW Image optimizerは、画像ファイルの大きさを圧縮しますので、
必然的に画像が軽量化され、画像を読み込む時を短縮します。

サイト表示速度が速くなる効果が期待できます。

 

Googleは、SEO項目の中にサイトのページ速度も重要指標に置いています。
サイト表示スピードが上がれば評価もされやすくなります。

 

EWWW Image Optimizer インストール

 

「EWWW Image Optimizer」をプラグイン検索し「いますぐインストール」します。
有効化しましたら、新規にアップロードした画像ファイルは自動的で圧縮されます。

しかし、過去にアップした画像に関しては自分で圧縮設定をする必要があります。

 

アップロード済みの画像を軽量化する方法

 

既にアップロードした画像を圧縮するには、
管理画面の「メディア」➡「Bulk Optimize」をクリック

「Start optimizing」をクリックすると画像一括圧縮が始まります。

gazoualtushukuou


gazoualtushukuhaji


メディア➡ライブラリで画像圧縮率を見れます。

ewwwopsssa


Reduced by 17.3% (13.1 kB) ⇒ 圧縮後にファイルサイズが27.9%減った
Image Size: 62.94 kB ⇒ 圧縮後のファイルサイズ

 

 

 

ewwwdsa


①Optimize Media Library

メディアライブラリーにアップロードした画像の一括で圧縮する

②Optimize Everything Else

テーマ・テンプレートに組み込まれた画像の一括で圧縮する
それぞれをワンクリックで行う事が出来ます。

WordPressテンプレートに元から組み込まれている画像があります。

 

 

EWWW Image Optimizerの設定は3つの項目で構成されています。

 

Basic Settings➡プラグインの基本的な設定
Advanced Settings➡圧縮方法などの詳細設定
Conversion Settings➡ファイル形式の変換に関する設定

 

基本設定(Basic Settings)

 

基本設定の「Remove metadata」にチェックを入れて設定を保存します。
ここにチェックを入れると不要な情報を削除して、ファイルを軽くします。

これは写真の撮影情報(Exifとコメント)を自動除去する機能を有効化します。

 

写真には画像だけでなくメタデータがあり、画像の名前や
その他のテキスト等の情報が含まれております。

EXIFデータには、撮影したカメラの設定や撮影日時、撮影場所などの情報が書いてあります。
この情報を公開する意味はないですし、個人情報になるので削除しておいた方が良いです。

 



metaremo
 

Advanced Settings 設定

 

Advanced Settings では、『disable pngout』のみにチェックを入れます。
『Save Changes』で設定を保存します。

「disable pngout」は、pngoutを無効化しないと面倒な作業が増えます。
チェックを入れればpngを無効化できます。

チェックしても画像の圧縮率にう影響はありません。

 



adobannsuoew
 

Conversion Settings 設定

 

Conversion Settingsでは、『Hide Conversion Links』のみチェックを入れます。
『Save Changes』で設定を保存します。

EWWW Image Optimizerのデフォルト機能に自動で、
jpgをpngに変換したりする機能が付いているようなので、
勝手に変換されないようにチェックを入れるようにします。

 

拡張子を勝手に変換されてしまうと画像の質が落ちます。

「PNG⇒JPG」に変換する事が出来ますが、
画像が大きく劣化する恐れがあるので無効化します。

 



conversion1
 

wpXサーバーで「EWWW Image Optimizer」を使用する場合

 

wpxサーバーでは、「EWWW Image Optimizer」が今までは使えませんでしたが、
2015年7月からサーバーの仕様変更により使える様になりました。

 

しかし、設定をしないと使う事ができません。

設定方法は、wpXレンタルサーバーにログイン後、wpX管理パネルで
「PHP関数 制限設定」から「exec」のチェックを外して、設定変更します。

 



ewwwwpx


wpxewwq


これで「EWWW Image Optimizer」が使える様になります。
wpxサーバー以外のサーバーを使っている場合は設定は不要です。