Table of Contents Plusは、ワードプレスの記事に目次を
自動生成できるプラグインです。

 

投稿や固定ページの記事にある見出しH1からH6までの
HTMLタグを基に目次を自動生成します。

 

目次サンプル画像

WS000000


記事の目次が自動生成されるので、いちいち目次を自分で
作成する必要がなくなります。

 

目次を表示する事で、訪問したユーザーが一目見て記事には
何について書かれているのかの構成を知る事ができます。
1クリックで読みたいところにジャンプできるので便利です。

 

設定は簡単に出来るので、ブログの1記事が長くなる場合は是非導入してみてください。

 

Table of Contents Plus をインストールして設定

 

「Table of Contents Plus 」をプラグイン検索して新規インストールします。

管理画面の設定から「TOC+」をクリック

 

Table of Contents Plus1
 

プラグインを有効化しただけは目次は表示されません。

まず、次の投稿タイプのときに表示にある「post」にチェックマークを入れて更新します。

 

「page」が固定ページ
「post」が記事ページ

 

という意味です。デフォルトでは「post」にチェックが入っていません。

 

表示する場所 :目次を記事内のどこに表示させるか位置の設定
表示条件 :見出しの数が何個で見出しを表示するかを選べます。

 

次の投稿タイプのときに表示 :

post 全ての投稿のページで目次を表示する。
page 全ての固定ページのページで目次を表示する。

 

見出しテキスト :目次を表示させるところのタイトル
表示非常時切り替えボタンのテキスト :目次を1クリックで小さくしたり、
大きくしたりする事が出来きます。

 

Table of Contents Plus3
 

階層表示:目次の階層を表示させるか設定します。

番号振り:目次に番号を付けるか設定します。

 

スムーススクロール:
目次をクリックした時に、滑らかにスクロールさせるか、一気に飛ぶか設定します。
デザイン:目次のデザインを設定します。

 

 

Table of Contents Plus2
 

お好みの目次デザインを決められます。

 

特定の記事のみ目次を表示したい場合

 

次の投稿タイプのときに表示で、「post」にチェックが入っていると、
全ての記事ページに目次が自動で入ります。

特定の記事のみ目次を表示させたい場合は、
次の投稿タイプのときに表示で、「post」にチェックを外します。

ショートコード

こちらをテキストから記入すれば
特定の記事のみ目次が表示されます。