WP-PageNaviの機能

 

WP-PageNaviはWordPressでページ数を表示させるプラグインです。

サイトの記事数が多くなると、
ページ最下部に「以前の記事へ→」「←新しい記事へ」と表示されますが、
これだけですと、一つ前とか後のページだけしか移動できません。

 

例えば、100記事あるサイトであれば10記事ごとに1ページと
まとまっているので、最新記事から一番古い記事を読みたい場合は、
「以前の記事へ」を10回もクリックしなければ辿り着けません。

 

WordPressのプラグイン『WP-PageNavi』を使えば、
下記の様な数値が表示されて、各ページへ自由自在に
飛ぶ事ができる様になります。

 

サイトの奥に埋もれた記事を、訪問者が探し出しやすくなります。
ページナビがあればユーザービリティの向上に貢献します。

 

WS000024
 

これによって、ユーザーのページ巡回率が向上する事も期待されます。

 

WP-PageNaviのインストール

 

プラグイン検索で「WP-PageNavi」を新規インストールします。

設定 ⇒ PageNavi

 

pe-jinabi2
 

総ページ数用テキスト:左に表示される総ページ数の文字。
「Page %CURRENT_PAGE% of %TOTAL_PAGES%」などに変更する

現在のページ用テキスト:現在のページ数を示す
ページ用テキスト:他の表示しているページ数を示す

 

最初のページ用テキスト:最初のページへ戻るリンクの文字。「最初へ」などに変更する
最後のページ用テキスト:最後のページへ進むリンクの文字。「最後へ」などに変更する

前のページ用テキスト:前のページへ戻るリンクの文字
次のページ用テキスト:次のページへ進むリンクの文字

 

「前へ…」用テキスト:前に表示されていないページが有る場合の省略記号文字
「次へ…」用テキスト:後に表示されていないページが有る場合の省略記号文字

 

pejinavi1
 

pagenavi-css.css を使用:初期のCSSを使用する
Page Navigation スタイル:横並びのリンク(通常)かドロップダウンを選択
常にページナビゲーションを表示:ページが他になくてもナビを表示するかを選択


表示するページ数: ページナビに表示するページ
省略表示するページ数:ページ数が多い場合に表示される省略ページの数
省略ページを以下の倍数で表示:省略ページの倍数

 

WP-PageNaviを賢威に設置

 

※テンプレート賢威6.2の設定方法です。

外観 → テーマ編集から「functions.php」を選択します。

以下のページャーを表示している関数を探します。

 

 

このハイライト部分を以下のように修正します。

このままコピーして上書きします。