アフィリエイトで稼ぐ為には、片手間にやってはなりません。
結果を出すには、1点集中して真剣に取り組むのです。

半年、1年は他の趣味などは、一時的に辞めて
アフィリエイトに専念するくらいの覚悟がある方が
相応の結果を残して行きます。

 

無駄に時間を潰してませんか?

・ゲームをプレイする
・テレビを見る
・パチンコ、スロットをする
・漫画を読む


 

絶対的に外す事の出来ない、本業の仕事、風呂、食事
家事、睡眠、適度な運動
などは仕方ないので除外します。

必ず空き時間が残るはずなのですが、仕事を持っている人
は、この空き時間がわずかな時間しかありません。

 

なので、一時の娯楽に使うのは避けたいところです。

しかし、仕事が朝早くて夜遅い状況で帰宅したら、
ご飯を食べて風呂に入り寝るだけと言う忙しい日々を
過ごしている方は仕方ない面があります。

 

1日の大半が仕事づけで、休日しか空き時間がないとなると
アフィリエイトを副業としてやるのは厳しいです。

 

ですが、朝起床後と帰宅後に、そこそこの空き時間がある
サラリーマンは別で、その空き時間を有効活用して
記事作成に費やしていけば思いもよらない臨時収入が得られます。

アフィリエイトを開始したのなら、ある程度の軌道に
乗るまでは、娯楽系統を徹底して削る厳しさも大事です。

 

実際、テレビやゲームなどは、ついついダラダラと
費やしてしまいがちで、支障を出します。

目先の誘惑に流されると、いつの間にか悪戯に時は
過ぎて行くのです。

 

ネットビジネスを始めたのなら、一時的な快楽に過ぎない
娯楽は一切辞める覚悟が必要なくらいです。


芯を真っ直ぐにして、誘惑に負けない軸を
作り上げて、ブレない様にしましょう。


 

目移りしてしまうとキリがありませんから。
やる事を1点に絞る事で一つの物事だけに目を向けるので、
力が分散しなくて済むので、より大きな力となって
実践を加速させてくれるのです。

 

変化と言うのは、早い方が実感が湧きやすいです。
報酬が少しでも出てくると、それだけで意欲の源に
なってきますから、まずは原動力を貯め込むのが先決なのです。

そういう意味においては、短期1点集中突破を果たす為にも、
仕事以外はアフィリエイトに全神経を費やす必要があります。

 

自分の置かれている立場をよく理解した方が良いです。
無職であれば、丸1日空いているので、多少の娯楽を
しても問題ないと思いますが、仕事をしているとなると
時間は限られてくるのです。

成功への道筋を考えた時に、空き時間の使い方が
本当に正しいのか見直すのは大事です。

 

意外と無駄な時間を過ごしている部分がありますので、
発見して削る事で効率は上がっていきます。

 

アフィリエイトに集中する方法

 

やる事を分かっていても、作業に入るのが億劫に
なって、ついつい他の事をやってしまいがちです。

そこで、どうすれば素直に向き合えるのかを紹介します。

 

・やるべき事を事前に書く

 

予め計画表をまとめて作るのも良いですし、毎日やる事を
前日に決めても良いです。

要は、思い付きで物事を進めないという事です。

 

事前に計画をしておくことで、スタート時にパッと入れます。
最初の始まりをダラダラと何するか考えてしまうと、それだけ
で時間が食われしまいます。

計画を立てておきながら、無視する事はできません。
消化したいと言う心理が働きます。

 

例えば、記事を書くのだってテーマが決まっていなければ
迷いますよね。

トレンドサイトですと、その時々で旬の話題や速報系の
ニュースなどで、日々変化するので前日に決めるのが
向いていますね。

 

特化の場合は、100タイトルを最初に決めてから始めると良いでしょう。

無計画で始めてしまうと、途中で何を書いて良いのか
迷って手が止まってしまいます。

そうしているうちに、いつの間にか時間が過ぎて行って
出来ないとなってしまうのがオチです。

 

予め計画する事で、それに基づいて行動をするので、
やらざる得ない状況となり強制的に進めていくものです。

 

・休憩を適度に入れる

 

人間の集中できる時間は限られています。
ですので、45分作業したら、5~10分くらい
は休憩を入れる様にしましょう。


 

45分サイクルで、タイマーをセットして規則正しく
リズムを作りあげて行くのです。

これは、学校でも同じで1授業は、大体50分で
10分の休憩がありますね。

 

時間を小さく切り分ける事で、集中力とスピード感が
増して行くので、スムーズになります。

長時間、机に向かう無理をしていると、どこかで
苦しくなって、肩こり、疲れ目などが出てきてしまいます。

 

常にフレッシュなコンディションを作る事は、
効率が良いと言えるでしょう。

休憩して休むのが、勿体ないと考えずにトータル的な
メリットがあるかどうかと言う所に着目しましょう。

 

1記事書いたら、おすすめの休憩

 

・目にタオルを当てて一眠りする
・窓を開けて遠くの景色を眺める
・外に出て軽いストレッチと深呼吸する
・ボーっとしながら無意識に何かを見つめる。
・近所回りを一周散歩してみる
・自宅の庭にある花を眺める