ハミングバードアップデートとは何か?

 

ハミングバードアップデートは、2013年9月26日にGoogleが発表したアルゴリズムですので
最新のGoogleアルゴリズムアップデートです。

2013年でGoogleあ創業15周年を迎え、検索結果に多大な影響を与える
アルゴリズムを一新したのです。

 

ハミングバードは、検索結果の90%に影響を与える大規模な変更となりました。

今後の検索エンジンは、「キーワード」から「会話型検索」へ移行していきます。

 

ハミングバードでは、検索されているキーワードに対してではなく、
検索者の検索意図に対してどのような検索結果を返すかがテーマとなります。

最近のスマートフォンでは、携帯端末に向かって喋るだけでGoogle検索を
行える様になりました。

 



 

声で検索する時に、ハミングバードは威力を発揮します。

話しかけた声の言葉をGoogleが拾ってから素早く思いを汲みとって、
関連性のある検索結果を表示します。

 

ユーザーが検索によって何を解決したいのか、
求めている答えを忠実に返して情報を提供してくれるのです。

例え検索ワードに含まれる単語がコンテンツ内に記載されていなくても、
全体的な意味を解して関連性の高いと思われるコンテンツを提案、表示してくれます。

 

検索エンジンは、ユーザーの検索意図まで読み取ることが可能となったのです。
これにより会話型検索が実現されます。

Googleがハミングバードを導入した背景には、最近になって利用者が
急増している音声検索への対応と言えます。

 

アメリカや欧米では音声検索は一般的なものになりつつあります。

音声検索は、従来の様なキーワードで検索する事はなく文章で
検索することが多いので、それを見据えた形での新アルゴリズムなのです。

 

今後は、PCよりスマホで検索する人の割合が圧倒的に増えていくでしょう。
もう、既にその傾向が強い状況です。

こうした時代の波の変化に合わせてGoogleも対応したと言う事でしょう。

 

ハミングバードの名前は、返す答えが的確で高速であることから名づけられました。

 

検索アルゴリズムとは何か?

 

検索アルゴリズムは、技術用語です。

Googleは、ユーザーにとって最良の回答だと考える検索結果を出すため、
莫大な数のWebページやGoogleが保有するあらゆる情報から検索結果を選び出します。

 

その際に、Googleが使用するレシピのようなものです。

 

ハミングバードは、どんな返しをしてくれる?

 

例えば、「日本一高い山は?」と検索すると

従来は、「日本一高い山」というキーワードが含まれるページを表示されていました。

 

ハミングバードが導入された事によって、日本一高い山である「富士山」と表示されます。

検索を返す精度が向上したと言えます。

 

ハミングバードは、表面上の言葉だけでは分からない文章の背景にある意図を読み取ります。
これにより、検索者はこれまでよりも正確な情報を素早く得られる様になりました。

ただし、まだまだアルゴリズムは完璧ではありません。

 

情報が不足していたり、検索の仕方によっては求めている情報が得られない事もあります。
それでも、自然言語=話し言葉を正しく理解する、検索結果の精度は向上しています。

 

検索エンジンの読み取る力は向上

 

検索エンジンは、「キーワードの羅列」でなく、「意味のある文章」として
捉えるようになりました。

例えばユーザーが、「ラーメン屋空港近く」と調べたとします。

 

今までは、「ラーメン屋」「空港近く」というキーワードが
サイトタイトルに含まれているページが上位表示されていました。

しかし、ハミングバードが導入されてからは現在地から空港近くのラーメン屋の
ページや地図情報などが上位表示されるようになりました。

 

Googleはこう解釈したのです。

「ユーザーは、今いる地点から近い空港の周辺にあるラーメン屋を探している。
だから、それに該当するラーメン屋の店名と住所や地図を情報提供しよう。」

 

他にも例をあげましょう。

「表参道ヒルズに近い口コミの良い美容室」と検索した場合、

 

従来であれば

「表参道ヒルズ」「近い」「口コミ」「美容室」などのキーワードを
含むページを検索結果として表示していました。

 

ハミングバードの導入によって表参道ヒルズに近い美容室の店名を出してくれます。

 

omotesandou3
 

検索2位に「エヴァ―」と言う美容室が表示されていました。

この美容室は表参道ヒルズから近いです。

 

omotesandou2
 

地図で表参道ヒルズ「エヴァ―」の距離を調べてみると近い事が分かります・

 

omotesanndou1
 

この様に会話の様に検索しても検索エンジンの返す精度が高くなったのです。

ユーザー視点からすれば、難解なことや複雑なことを調べようとしたときに、
より適切で有用な検索結果が出るようになったので大変便利になりました。

 

単一キーワードから、より詳細な情報を得る為に2語、3語、4語
複合キーワードを入力するユーザーが増えて、解決しなければいけない
ボリュームになってきたと言う事です。

 

今の時代は、文章のような検索キーワードを打つユーザーが増えているのです。

検索文言の背後にある意味を理解して
表示しますので、キーワードが含まれていない検索ユーザーの意図に
沿っているページが上位に表示されやすくなりました。

 

 

ハミングバードは、人間の質問を限りなく理解を深めた上で的確な答えを
速攻で検索結果を通じて返すテーマを元に作られたアルゴリズムなのです。

従来のネット検索の主体はパソコンでしたので、単語検索が一般的でした。
単語を区切って検索する事が当たり前の時代でしたね。

 

しかし現在は、パソコンではなくスマホが急速に普及した背景もあり、
単語検索ではなく音声検索や自然言語(話し言葉)検索が主流になりつつあります。

この時代の流れに逆らう事は出来ませんので、ハミングバードの様な
自然な言葉で的確な回答をしてくれる検索エンジンが必要となったのです。

 

ハミングバードとパンダ・ペンギンアップデートとの違いは?

 

ハミングバードが導入される前に、パンダやペンギンアップデートによって、
低品質ページや大量被リンクを集めたサイトの検索順位が落ちました。

しかし、ハミングバードは低品質やリンクスパムサイトの排除とは全く異なります。
簡潔に言いますと、ハミングバードは検索エンジン自体を載せ替えたような感じです。

 

今までの「SEOエンジン」を、もっと高性能な「ハイパワーエンジン」
載せ替えたようなものです。

検索エンジンは全く新しい形にしたフルモデルチェンジと言えます。

 

ペンギンアップデートやパンダアップデートがスパム対策の側面が強い
アルゴリズムだったのに対して、ハミングバードはより便利にする改善のための
全体のアルゴリズム変更です。


ですからハミングバードの中にペンギンやパンダも含まれているという事になります。

 

ハミングバードのSEOへの影響

 

ハミングバードアップデートは、自然な情報検索を可能にしました。
これによって、ユーザーの検索環境は大きく変わりました。

ではハミングバードアップデートの導入で、SEOも変わってしまったかですが、
SEOへの影響は極めて少ないでしょう。

 

ハミングバードが導入された事により、自然なワードでも的確に返して
くれるので、検索数が少ないキーワードへの検索数が増える変化がありましたが、
ハミングバードは検索順位に直接関わる様なアルゴリズムではありませんので影響はありません。

 

検索者であるユーザーのリクエストを正確な情報で返す時代が到来しました。

それにサイト運営者が対応していく為には、検索要求にあった情報を提供する事が第一です。
つまりユーザーの役に立つコンテンツを発信していく事が重要です。

 

今後は、小手先のテクニックで無価値なサイトが上位表示される事はありません。

Googleは、ユーザーのリクエストに対して、瞬時に最善の情報を見極め、
ランキングとして返すので、内容が薄かったり、的確な答えが書いていなかったりする
サイトを上位に持ってくることはユーザにとってもGoogleにとっても本位ではありません。

 

検索ニーズが変わった以上は、今まで以上に充実したコンテンツが
評価を得やすい環境になったことは間違いないでしょう。


逆に言えば、ユーザーが喜んだり、感動したり、参考になる様な支持された
サイトは正当な評価を受けると言う事です。

 

ユーザーの為に適切なコンテンツを作成している運営者が報われる時代となったと言う事です。