WordPressは、いつ何時トラブルが起こるか分かりません。
 

例えば以下の様な過ちを犯してしまうと全てのデータが消えてしまいかねません。

 
・WordPressの管理画面での誤操作
・レンタルサーバーのサーバー管理ツールで誤操作
・プラグイン同士の相性により起こるトラブル
・テーマとプラグインの相性問題
・テーマファイルのカスタマイズの誤操作

 
レンタルサーバーを借りていれば、サイトのID、パスワードを盗まれたり、
レンタル延長更新を忘れていたりしなければ第三者の手によってサイトが
削除される事はありませんが、自分で誤操作してしまうとデータがぶっ飛ぶ事はあります。

 
間違った操作によって突然、サイトが真っ白になる事はあり得るのです。

 
WordPress等で作成した記事は、サーバー上のデータベースでサイトを表示しています。
データはサーバー上にあり、パソコン上にはデータはありません。
 
ですからパソコン内にデータを保管しておかないと復旧ができないのです。



万が一に備えて定期的にデータをバックアップして外付けHDDやUSBメモリー
保管しておくことが望ましいでしょう。
 

データさえ残っていれば、万が一消えても一瞬で復旧が可能となります。


 

コンテンツをバックアップする方法(エクスポート)


 

WordPressの管理画面から
「ツール」→「エクスポート」で「すべてのコンテンツ」を選択します。

次に「エクスポートファイル」をダウンロードをクリックします。

 

WS000001
 

「今すぐインストール」をクリックします。

WS000002
 

「インポートツールを実行」をクリックします。

WS000003

ファイルを選択します。

WS000004

エクスポートしたファイルがダウンロードされてます。
そこに置いてあるメモ帳をクリックしてインポートします。

WS000005

ファイルをアップロードを選択します。

WS000006
 

バックアップしたコンテンツを入れる方法(インポート)


 

「ツール」→「インポート」→「ワードプレス」

 

WS000007

「ファイルを選択」

WS000008

エクスポートしたメモ帳を選択します。

WS000005

ファイルをインポートします。

WS000009

実行をクリックして完了。

WS000012

以上で、バックアップしたコンテンツが全てアップされます。