■開業届とは何か?

 

個人が新たに事業を開始した時は、
税務署に開業届を提出する必要があります。

それは、事業を開始しましたという報告をする意味となり、
それから確定申告時期になると申告書が送られてきます。

 

開業届は厳密に言うと「個人事業の開業・廃業等届出書」と言います。

法律上は、事業の開始から1ヶ月以内に提出する決まりとなっていますが、
もし日にちが過ぎてしまっても大丈夫です。

 

遅れて提出しても税務署に何か苦言を言われる様な事はありません。

 

■開業届の提出方法

 

個人事業主で開業するには、法人のように面倒な手続きや
費用は発生しません。簡単に開業手続きができます。

開業届は、納税地を所轄する税務署に提出します。

 

開業届は、単に届け出る様なものなので、特に審査はありません。
記入漏れさえなければ、許可されない事はありません。

これから税務署へ納税しますと宣言する様な意味でもあるので、
それを税務署が拒否するわけがありません。

 

この開業届を提出することで、あなたの事業が税法上で
個人事業として認められて晴れて個人事業主となります。

開業届は、最寄りの税務署に行けば貰えます。

 

税務署に行かなくても、国税庁のサイトで個人事業の
開業・廃業等届出書をダウンロードすることができます。

それをプリンターで印刷して記入してから税務署に
持って行くのもありです。

 

提出方法は2通りあります。


 

・開業届を税務署に持参して提出する
・郵送や電子申告で提出


参照:PDFをダウンロードして印刷し郵送で送付する場合

どちらのパターンにおいても、開業届のコピーが必要です。

 

持参する場合は、作成した開業届のコピーも準備しておきます。
それに税務署の受付印を押してもらいます。

郵送で提出する場合は、コピーと返信用の封筒を同封します。
そうすれば受付印を押して返送して頂けます。

 

この控えは、銀行で個人事業用のビジネス口座を開設する際にも
必要となりますし、税理士に依頼する際にも必要です。

後から控えが欲しくなっても手続きが大変となるので、
控えを提出の段階で確保した方が無難です。

 

■開業届の記入方法

 

kaigyoutodoke

開業届は、上記画像の赤枠のみ記入して提出します。

いくつかのポイントを説明します。

 

・印鑑は、実印も認印でも大丈夫です。

・納税地は、自宅で仕事しているなら自宅の住所です。

・屋号は記載しなくても記載しても、どちらでも構いません。

・開業・廃業に伴う届出書の提出の有無

 

青色申告を希望する場合で、開業届と一緒に青色申告承認申請書を
提出する場合には有を丸で囲みます。

白色で確定申告する場合には、無に丸をします。

 

「消費税に関する…」の箇所は、通常関係ありませんので、無に丸をします。
売上よりも多額の仕入れや設備投資を行う事業者等が、丸をします。

 

・職業は、ネット収益があるので、「ネット事業」

・事業内容は、ネットビジネスの場合
「インターネットでの広告、宣伝、販売、アフィリエイト関連事業」

事業開始日は、一番最初にネットビジネスを始めた日です。
特に正式な日にちを問われないので忘れてしまった場合は、
おおよその開始日で大丈夫です。

 

■青色承認申告書の記入例

 

aoiro

青色承認申告書は、上記画像の青枠のみ記入して提出します。

開業届と一緒に青色申告承認申請書も提出します。

 

青色申告のメリット

 

.65万円の特別控除


複式簿記で65万円控除され、簡易簿記で10万円が控除されます。

 

・赤字の場合、3年間繰り越すことが可能


その年の赤字を確定申告で損失申告することで、翌年以降の3年以内に
出る所得と差し引くことができます。

例えば、

2012年 100万円の赤字
2013年 200万円の赤字
2014年 500万円の赤字
2015年 900万円の黒字

となった場合、2015年の課税所得は
900-(100+200+500)=100万円となります。

 

・家族への給与が全額必要経費


事業主の家族を従業員として雇用して、支払う給与を
必要経費として課税所得から差し引くことができます。