今の人生に満足していますか?

 

どん底と言われる様な人生を歩んでいる人でも、
ある日、突然に転機と言うものは訪れてガラリと
変わったライフスタイルを送れる様になります。

 

過去は残念ながら変える事はできませんが、
生きてる限りは未来は変える事ができます。

人生の転換期を迎える前に、何等かのサイン
前兆があると言われています。



 

転職、起業、結婚、新しい出会いなど

新しい環境と人脈との巡り合わせは、
転機によって、突然に舞い降りて来ます。

予期せぬ、かけがえのない出会いは、
全く想像もつかなかった事が、突如訪れます。

 

転機は今までとは違う社会的な役割を担う
局面でサインが出ます。

そんな時は自分自身がそれ相応の器として
成熟した時と実感すると良いでしょう。

 

そのレベルになった時に、次なるステージへ
と導く為に自然と与えられるものなのですから。

 

■転換期のサインの例

 

・現状に満足せず、今のままではまずいと感じる時
・葛藤を繰り返しながら、自問自答する
・行き詰まりウズウズする


 

転機が与えられる前に自暴自棄になり悲観的な
な気持ちになります。

それを我慢して乗り越えられれば快晴の空の様な、
すがすがしい明るい未来が待っているでしょう。



現状を打破しようと言う気持ちが出てくればくる
程に、「何とかしよう」と言う野心が芽生えて変われます。



変化のない人は、単調な生活を繰り返しているだけで、
毎日を何となしに過ごしているだけです。

大きなチャンスを掴むには、大きな挑戦をして
走り続けなければ変革は生まれません。

 

■転機の前兆に眠くなる日が続くって?

 

人間は睡眠中に向こうの世界(あの世)と繋がって、
さまざまな知恵を得ています。

これは転機に向けての準備をしているのです。

 

転機の前兆で魂がパワーを貯めるので、
結果として、眠くなります。


自分の体に耳を傾けて、体内で起きている
メッセージを聞いてあげる事が大切です。

 

■人生の、どん底は転機を誘発する?

 

人生の絶体絶命のピンチにさらされた時に、
強烈な不安に襲われます。

このままの状態では、将来が危ういとばかりに
何とかしなくてはと言う決心が芽生えるのです。

 

長い人生の中で、訪れるどん底とは、後から
振り返れば自分を支える大きな指針であった
事が分かるでしょう。

やはり、追いつめられた時と言うのは、
底知れぬパワーで自分を助けようとしますから。

 

こうした防衛反応と言うのは、誰しもについています。
ターニングポイントとなる局面は、どん底を味わった人が
危機感を持って初めて生み出せるものだと思います。



現状を打破する為に、必死に試行錯誤するでしょう。
落ちぶれた穴から抜け出すには、全く新しい発想で
対処しなければならないでしょう。

 

そうした局面におけるアイディアと言うのは、
苦し紛れの自分を救済する手段です。

そのアイディアは、必ず実行に移します。
でなければ、どうにもならないし背水の陣ですから。

 

今のままでは、ダメだから本気で変わらなければ
いけないと言う強い思いこそが、転機の引き寄せ
をしているのだと思います。


転機は訪れるのではなく、自ら起こしていると
言っても過言ではないと言えるでしょう。

 

その発想を与えてくれるのは、危機的な「どん底」
から脱出する為の漲るエネルギーからです。

 

参照;眠った才能を開花させる方法

参照;ビジネスで成功する人とダメな人の法則