トレンドアフィリエイトの実践者が増えた事によって、
同じキーワードで似たようなサイトが多数乱立する様になりました。

中身は、どのサイトも大元のソースをリライトして寄せ集めた
程度のもので、ユーザーは何度も同じような内容を見させられます。


 

こうした現状が起きた事によって、ユーザーは検索エンジンに
対して不信感を持ち始めているかもしれません。

そこで、他と全く違う独自性が求められてくるわけです。


どこにも書いていない内容を書くことで価値が生まれます。

 

逆に、既に多数のサイトで出ている情報を、語尾や一部分を
修正した程度では、そこに価値はないわけです。

では独自性とは何かですが、ニュースであれば自分の感想や
意見をまとめたものです。

 

起きた事実をリライトしてまた同じような内容でアップしても意味がないです。


既に出ている情報を何度も見る必要はないので、そこに需要はありません。

ニュースの事実に対して、他の人はどう思ったのか?感じたのか?
といった個人の見解をユーザーは知りたいのです。

 

一次ソースが大手ニュースサイトが独自の取材によって得た
生身の新鮮な情報です。

その1次ソースをそのまま盗んで書き換えたものが2次ソースです。


この2次ソースが、検索エンジンに溢れた時に、ユーザーは同じ様な
内容を掴まされる事になり迷惑を掛けてしまいます。

 

こうした現状を阻止する為に、検索エンジンGoogleは実質のないコンテンツに
手動ペナルティをかけて、徹底して排除されているのです。

似たような中身のサイトは、そんなに何個も不要で1次ソースの
大手ニュースサイトだけで十分との見方なのです。

 

インターネット上、テレビ、新聞、雑誌のソースを自分のサイトに
移し替えただけでは、これからの時代を生き抜く事はできません。

ユーザーに価値を提供する為には、オリジナルコンテンツを作る
事が絶対条件となってきます。

 

アクセス稼ぎして収益を得たいからと、あらゆるキーワードを使い
コピーコンテンツの記事数を増やす事は、検索エンジンを惑わす
行為に値する為、短気的にしか身が持たない運命にあります。

 

トレンドアフィリエイトのブームによって、見かけ倒しのサイトが
溢れかえって、ユーザーの信頼を損ねている現状なので、

既にある情報を焼き直ししただけのサイトは今後、厳しく取り締まられ
駆逐されて行きますので、真面目に独自性のサイトを作るしか選択肢はありません。

 

■サイトの独自性とは?

 

Googleは、オリジナル性の評価を強める様になりました。

 

オリジナルとは、この世に一つしかないコンテンツを指します。

つまり、どこでにも出回ってない内容である事です。

 

今の時代は、コピー率の高いコンテンツの順位は圏外に飛ばされます。

これは、内容が同一である事に変わりのないサイトが検索結果の上位に
並んでしまうのは、芳しくないと考えているからです。

 

他が書いていない、そして書けないような記事を作る為には、
独自の考察や違った視点を入れる事です。

人とは違った見方や独自の角度で、物事を見てダイレクトに
文章に表して伝えられるかが焦点となってきます。

 

他人が作ったサイトを、そのまま自分のサイトに置き換えても
Googleは検索1位にはしたくないでしょう。

コンテンツとは、自分の手によって作り上げて行くものです。

 

では、どうすれば独自性となるか?

 

・商品のレビューの例

 

例えば、化粧品やサプリメントを実際に使ってみて、

どの様に変化したか?
また改善や治癒はしたか?
肌や体への影響はどうだったか?


など、試した人の一人一人の感想が異なるものは完全にオリジナルです。

 

使った本人でしか書けない様な体験レビューは、希少価値が生まれのです。
実際に体験を通して得た生の声を発するわけですから、一次ソースとなります。


 

他には例えて言うなら、ダイエットのサプリや美白効果のある化粧品が
あったとすれば、使用前の体や肌の状態写真と使用後の経過写真と言うのは、
誰にも真似する事は不可能ですから、独自性と呼べますね。


 

実体験の画像を、どこかのサイトから拾う事はできないので、
その画像に希少価値が生まれるのです。


 

■サイトの品質が高いコンテンツとは?

 

コンテンツの質が高いと言うのは、自分で決めるものではなく、
ユーザーが評価して決めるのです。

多くのユーザーが「有益だ」とソーシャルメディアで口コミ、
サイトで紹介してくれる様な状態であれば、それは質が高いと言えます。

 

最近のGoogleの機能向上は著しく進歩してきていますので、
クローラーはロボットでありながらもコンテンツが読者に
役立つものか?役に立っていないのかを色んな分析結果をもとに
判断できるようになってきています。


 

なので、検索順位の精度も上がってきており、多くの人々が支持する
人気のサイトを上位に持ってくるようになってきました。

 

アクセスを沢山集めて、稼ぎたい場合には、読者を満足させなければならないのです。

しかし、勘違いされた方も多く、楽して稼ぎたいばかりに
記事の質は二の次で、色んなワードを詰め込み検索に引っ掛けて
アクセスをかき集めると言った不正のルートを使ったアフィリエイターがいるのも事実です。

 

ですが、Googleはコンテンツの品質を常に監視して適正な評価を
していますので、今後は良いコンテンツだけが生き残る様になるでしょう。

真面目に書いてきた人が報われる時代となります。

 

ですから、楽してコンテンツを作るのではなく、苦労して
読者の役に立つものを時間をかけてでも作って行きましょう。

 

●信頼できる情報であるか?

 

記事に書かれている内容の信憑性が確かなものかが問われます。

例えば確定的な根拠や理由がない場合は、「仮説」である事を
明記する事によって印象が良くなるでしょう。

 

また事実かどうか不透明な場合は、情報の参照元であるサイトの
リンクを貼ると良いでしょう。

一番まずいのが、実態のない説を本当かの様に書いてしまう事です。

 

例えば、有名人のAさんとBさんが付き合っているかどうか
分からないのに、「交際をしているらしい」と適当な事を伝えてしまうのは、
間違っている可能性もある場合もあるので、NGです。



要は、100%の自信や根拠そして証拠がないのなら、
「この情報は、間違っている可能性があります」
明記しておくだけで、サイトの信頼性が変わってくるのです。

 

間違っているかもしれない事を、正しいと主張する事で、
多くの人に下手したら誤った情報を伝えてしまうかもしれないので、
それは無責任となってしまうということです。



■情報量が多く詳しい

 


他のサイトの記事にはない情報、更に詳しい情報が豊富なコンテンツが
質の高いコンテンツとなります。

同じテーマを扱っているサイトと比較した時に、圧倒的なボリュームで
詳しく充実している方が優遇されるのは当然の流れです。

 

濃い内容は、ユーザーを満足させて、多くの価値を提供しているに等しいです。

 

この分野においては、あのサイトが良いと思われているのなら、
口コミで噂されるはずなので、沢山の被リンクが集まってくるでしょう。

 

他のサイトから、「詳しくはこちらのサイトを参考にして下さい」
外部リンクを貼られる事でしょう。

こういうナチュラルリンクを沢山貰えば貰うほどにSEOはグングン強く
なるので、検索エンジンでは優先して上位に表示されるのです。

 

その為には、正確で良い情報をボリュームをつけて発信する必要があるわけです。

しかし、単純に文字数が多くて長文である事が、高品質ではありません。

 

文章が長い事は良いのですが、それに伴う質もついてこなければ、
どんなに長文であろうが中身スカスカとみなされます。


どこかの既に情報を広い寄せ集めた程度では、品質が良いとは言えないです。