ブログの記事と言うものは、商品の中身の様なものです。

記事の品質が良くなければ、ユーザーは満足に読むことができません。

 

そもそも、トレンドアフィリエイトで報酬を頂ける原点は、ブログに
訪問したユーザーが、広告をクリックして初めて1クリック単価として
報酬が発生する様になっているのです。


しかし、面白くない、読みにくい、役に立たない、薄っぺらな内容と
ユーザーを裏切る様な記事を提供する事は、広告をクリックするに
至らずに閉じられてしまいます。


 

時間をかけずに適当に雑に記事を書いていると、最終的に稼ぐにくくなります。
つまり、自分で犯した過ちによって、自業自得することとなるのです。

だからこそ、記事の書き方の基礎を構築して、ユーザー目線で
満足頂ける品質を提供できる様に心がけなければなりません。

 

これから、記事を書くにあたって、最低限の必要な事項を解説して行きます。


 

■文字数

 

文字数については、最低でも1200文字以上にしましょう。
出来れば1500~2000文字書くと良いでしょう。

文字数が少ない記事と言うのは、薄い内容となってしまうので
ユーザーも満足しません。

 

調べたい事があって訪れたサイトの記事の文字数が少なくて
情報量が薄かったら、どういう気持ちになるだろうか?

「裏切られた」「すぐに帰ろう」

と言った衝動を受けるのではないだろうか。

 

そうなれば、ユーザーは早く離脱するので、滞在時間と直帰率も悪くなります。


 

Googleは、この数値の部分でサイトの品質の良し悪しを
決めていますので、数値が悪ければ「役に立たないサイト」
認識されて低品質ペナルティが課せられかねません。

 

Googleは、品質の悪いコンテンツを嫌いますので、サイトが
圏外に飛ばされるリスクが出てきます。

検索エンジンの信用を損ねてしまうと、ユーザー離れに繋がりますので、
それを阻止する意味でも取り締まりは強化されています。

 

なので、少ない文字で簡単に記事を書く事は楽に量産できるかもしれませんが、
そういう見かけ倒しの様なコンテンツは駆逐される運命にあるのです。


 

また、検索順位決定においても同じくらいのレベルのサイト(SEOパワー)と
キーワードが被ってしまった時に、単純にコンテンツのボリュームだけで
優遇してくれる場合があります。

文字数が少ない記事⇒ユーザーが不満になる⇒ペナルティを与えられ順位が下落
と言った悪循環の輪が形成されてしまいます。

 

■改行について

 

読みづらい記事は読まれずに閉じられてしまいます。

ですから、2~3行で一度改行をして、2行程度の
行間を入れると良いでしょう。


 

適度に空白スペースを空けた方が、行が詰まっているよりも
断然に読みやすくなるのです。

また、一行あたりの文字数についても、あまり長くならない
様にしていきましょう。

 

一行あたりの文字数が多いと、それだけ右に長くなるので、
PCから見たユーザーは、目を右に追わなければなりません。

基本的に、目を上から下に視点移動する形で読める様にする為には、
25~30文字前後で改行する事が望ましいでしょう。

 

■見出しタグを使う

 

適度に見出しタグを入れてあげると、文章が区切られるので、
分かりやすく読みやすいです。

 

・下記の図の様に記事には見出しを入れる。

 

WS000028
 

1200文字であれば、400文字を3段落に分ける。

 

1段落目 ⇒ 本文へ繋げる玄関口

これから本文ではどの様な事を書いて行くのか前振りをしておきます。

 

2段落目 ⇒ 見出し1テーマについて
3段落目 ⇒ 見出し2テーマについて


 

この様に、一つのページを3段落に分ける事によって、
メリハリが出て文章が際立ってきます。

逆に、見出しを全く使わないと単調なリズムとなってしまい
締まりのない文章となって読みにくいから伝わりにくいのです。

 

・見出しタグを挿入するには、
大きな段落で見出し2、小さな段落で見出し3を使います。

見出しにしたい文字をドラッグして、
メニューバーの見出しをクリックして挿入します。

 

WS000029

 

・装飾バーを使う

 


黒文字一色で、文字を装飾せずに記事を書いていると、
質素で地味な感じとなってしまいます。

適度に、文字をカラーリングして変化をつける事で、
より文章が引き立ってきます。

 

ただし、使いすぎはギラギラして逆に見にくくなるので注意です。


 

(例)

●太文字

あいうえお

●太文字+紺

あいうえお

●黄色蛍光色

あいうえお

●太文字+黄色蛍光色

あいうえお

●紺色+太文字+赤色蛍光色

あいうえお

●赤+太文字+下線

あいうえお

 

■記事の構成は、起承転結を意識する

 

起承転結とは、記事に物語やストーリー性を持たせます。
起きる⇒承継する⇒転ずる⇒完結するといった順序で進みます。

この流れを意識して記事を書くことで、物語に生まれ変わり
読者を夢中にさせる効果が期待できます。

 

元々は古代中国から来たもので、漢詩の絶句の構成が由来となります。

漢詩は、漢字で表された「詩」で、絶句は漢詩を4行で表し、
1行ごとに、「起句」「承句」「転句」「結句」と構成されたものを指します。

 

起承転結の全体を10としたら、2・4・3・1くらいの割合で構成するのが理想です。

 

●起⇒どんな内容なのかを説明

 

「起」は、物語の導入部です。

これから書く内容は、こんな感じの方向性と示します。
本題に入って行くまでの概要を説明します。

これから伝えたい内容を要約します。

 

●承⇒テーマを細かく深く説明

 

「起」で起こした事を受けて話を発展させていきます。
いよいよストーリーが始まる部分です。

クライマックスに向けて盛り上がる様にします。
核心部分に繋げる部分なので、大きく発展はさせない。

 

●転⇒核心をついていく

 

反転させて、予想だにしない意外な展開で変化をつけて
クライマックスに持ち込んでいきます。

物語としては、大きな山場を迎えます。

 

●結⇒最後のまとめ、つまり結論

 

ストーリーの締めの部分となります。
オチをどうつけていくかもポイントです。

もう一度、整理してみなすとこの流れです。

 

①「起」で文を起こします
②「承」では「起」の内容を発展させます
③「転」では場面や視点が転回します。
④「結」でまとめて締めくくります。