Google chromeとは、Googleが開発しているWebブラウザーです。


 
choromeの読み方を「チョロメ」と間違えてしまいがちですが、
正しくは「クローム」と呼びます。

Webブラウザとは、World Wide Webに存在するWebページを
閲覧するためのアプリケーションソフトです。


 

Webページにある文章、動画、音声、画像などのコンテンツを
読み込む為にじゃブラウザが必須なのです。

Webブラウザは、windowsでは標準装備されている
「Internet Explorer」だけでないのです。

 

実に、様々な企業が独自のブラウザの開発を行い、競争をしています。。
ですから、「Internet Explorer」に固執する事無く、
使いやすいブラウザを選ぶのが賢い選択です。

 

マイクロソフトのInternet Explorerを意識した拡張機能を
重視した無料ソフトです。

Chromeとは、人間とコンピューターを結ぶプラウザという意味です。


Internet Explorerに対抗して作られました。

 

・使いやすくしたい
・従来では機能が物足りない
・もっと拡張したい
・googleを最大限使いたい
・アプリで増強したい


 

と言ったニーズに応える為に作られました。

 

コンセプトは無駄なものをそぎ落とし、外観から何から何まで、
とことんシンプルに仕上げた未来型ブラウザを意識しました。

最初の正式版がリリースされたのは2008年末なので、
歴史としては、まだまだ新しいです。

 

リリース後は、すぐにブラウザ市場を支配して、公開から
4年も経たずに世界で最も利用されているブラウザになりました。

Chromeは、とにかく起動や画面の表示スピードを高速にすることに
注力されたブラウザーです。

 

■Chromeの由来とは?

 

chromeは、ウェブブラウザにおけるメニューやツールバーと
いったインターフェイス部分を意味します。

開発するのに、インターフェイスに注力している事が始まりです。

 

インターフェイスとは、一般的に境界面や接点を意味しますが、
IT用語では、ハードウェアやソフトウェア、ユーザーといった要素が、
互いに情報をやり取りする際に接する部分の事です。


つまり、それらの情報のやりとりを仲介する仕組みを指します。

 

「chrome」と言う英語を訳すと「メッキ」となります。
これは、google chormが金属メッキと直接的な関係はないものの

 

Chromeをベースとして開発されたIronというブラウザは、
Chromeの不要な部分をそぎ落として軽快な動作を実現しているので、
「Iron」を鉄と仮定した場合にChromeのメッキを削ぎ落した
意味
にも捉える事ができます。

 

■google chromeの特徴

 

Google Chromeは、新しいバージョンが公開されると自動で
アップデートを行います。

なので常に最新のGoogle Chromeを利用できるように設計されています。

 

・動作が軽い・速い


 

Chromeは、起動やWebページの描画、ユーザーの操作に対する
応答などが素早いので快適にネットを閲覧する事ができます。

パソコンの環境により異なりますが、ブラウザの起動に0.5秒です。

 

新しくタブを開いてWebページを読み込む際も驚異的な速さで表示します。
なので、ストレスを感じる事はないでしょう。

起動や動作スピードは、すべてのブラウザの中でも世界最速とも言われてます。
例え古いパソコンでも高速表示されます。

 

・ブックマークの共有化


 

Googleアカウントを持っていれば、ログインしている複数のPCやスマホなどの
ブックマークを同期させる事ができます。

例えば新しくパソコンを購入した時に、今までの追加してきたブックマークが
アカウントの同期によって一瞬で共有できるのです。

 

他にもリカバリーした時とかに使えますね。Googleアカウントにブックマークは
記憶されているので、パソコン自体のデータが消えてもアカウント自体のデータは
消える事がないので、同期によって復元ができるのです。

 

他にも閲覧履歴、壁紙などがクラウド上に保存されるので、同じアカウントで
ログインすれば全く同じ状況での利用が可能です。

 

・文字・画像がきれい


 

Chromeは他のブラウザに比べて文字や画像がきれい表示されます。
シンプルなデザインに鮮明な画面で洗練されています。

 

・優れた検索機能


 

Chromeの検索バーはアドレスバーと統合されています。

アドレスの代わりにキーワードを入力する事も可能です。
キーワードは1文字入力するごとに履歴、ブックマーク、
Googleの検索候補から予測表示されるので、候補が見つかれば
全ての入力しないで検索できてしまう優れものです。

 

・ページが広い


 

ページの表示面積が広いので、広大な大地を眺めている様な感覚で
広々とした画面で伸び伸びと閲覧する事ができます。


メニューバーやステータスバーは存在しないので、リンク先のURLなどは
必要に応じてフェード表示されます。

 

タイトルバーとタブバーも一体化されているので省スペース化されてます。