トレンドアフィリエイトを1日にどのくらい作業して、どのくらいの
期間が経過すれば稼げる様になるかですが、これは狙った
ジャンルとライバル状況で大きく変わるので個人差があります。


あえて目安を言うならば、トレンドサイトは300記事で
月収10万円に到達
すると言われています。

 

期間ですが、単純に300記事を達成するまでに掛かった
日数で計算して行きます。

1記事を1500文字をどれくらいの時間で仕上げて、
1日辺りの空き時間が分かれば、必然的に期間が分かる事でしょう。

 

例えば、1記事をだいたい1時間で仕上げられる。

 
そして、空き時間は1日辺り3時間の余裕がある場合は、
1日3記事は書けると思うので、300記事を到達するまでに
100日と言う期間
が、はじき出されます。

 

これは、3カ月と10日くらいとなりますね。

しかし、これは平均目安に過ぎないので誰もが何記事を
書いたから月収10万が保証されると言うわけではありません。


 

逆に目安と報酬と言うものを念頭に置いてしまうと、もし300記事
書いても月収3万円にしかならなかった時に、モチベーションが
下がって、やる気をなくして辞めてしまいかねません。


何記事と予め決めてしまう事は、そこまでの努力しかしないと
自分に課せてしまっているので、成長の妨げになってしまいます。

 

そうではなくて、月収10万円を達成させる為に何記事でも
書いて頑張ると言うような意気込みで始めた方が良いでしょう。


初めて参入する場合に大切なのは、少ない記事で月収10万円を
達成させる事ではなく、月収10万円達成させるまでは諦めずに
記事を書き続ける事なのです。


 

仮に500記事書いてようやく達成した場合に、損したと思うでしょうか?



 
それはそれで、何が原因で目標達成が遅れたのかを実際の経験から
多くを学ぶ事ができるので、また新しいサイトを作る時には半分以下の
労力で目標達成させられる実力を身につけていたりします。

 

豊富な経験を得る為には、とにかく沢山の記事を書いて
検証を繰り返し、どういう記事が当たるのか、どういうタイトルつけが、
検索結果に反映されやすいかの特徴を掴む必要があります。

 

 

■同じトレンドサイトで結果に差がつく理由

 

 

・キーワードの狙い方の問題


 

キーワードは、需要があるかないかでアクセスは大きく左右されます。


 

仮に需要のあるキーワードを狙ったとしても、ライバルだらけで
中々、上位表示が難しくアクセスを集められなかったりする場合もあります。

 

逆に需要のないキーワードでも、ライバルが狙わなくて簡単に
上位表示できて、そこそこのアクセスが来る場合もあります。

需要のあるなしは、必ずしも思い通りになるとは限りません。

 
キーワードによって千差万別ですので、確定的な根拠は
言えませんが、狙い方に差は付き物です。

 

 

・キーワードの選定


 

記事をインデックスさせるのは、Googleのクローラーと言うロボットです。

このクローラーは、記事のタイトルや本文の中身を見て、
どの様なページなのかを解析して、ページ内容に見合った
検索表示を行います。

 

現状は、特にタイトルに書かれている内容を重視して
検索結果に反映させている様です。


ですから、タイトルのつけ方と言うものは、狙ったワードが
検索結果に表示されるかを左右するものなので非常に重要です。

 

タイトルの左から32文字が検索結果に表示される
限界文字数となっているので、32文字以降は「……」で
表示されてしまう事になります。

このタイトルを見て、サイトを閲覧しようかどうかユーザーは
判断するので、ついクリックしたくなる様な魅力的なタイトル
をつけるスキルも同時に求められます。


 

ですから、タイトルによって狙ったワードを検索結果に
反映させるのも必要ですが、並行してタイトルのつけ方も
興味を引く様な構成にしなければなりません。

適当にキーワードを羅列すれば、確かに検索結果に反映は
されるのですが、今度はクリックがされにくいと言う事になりかねません。

 

ユーザーがどれくらいクリックしたのかも、検索順位決定の
大きな指標となってきます。



 

・SEO対策の問題


 

まず、有料テンプレート賢威を使い、独自ドメインでサイトを
運営している事が前提としてお話します。

SEO対策としては、主に外部対策が重要です。

 

コンテンツの量を増やしていったとしてリンクがどれだけ
集まっているかも重要となってきます。


現在のGoogleはコンテンツの中身だけで無く、外部からの
評価も重要視していますので、リンクを同時に集めなければなりません。

 

いくらコンテンツが増えても、外部から貼られたリンクが0で
あった場合は、評価のしようがありません。

外部からリンクは、TwitterやブックマークやNAVERや
ブログランキングなど
に自分のサイトURLが貼られる事で
リンク数を獲得する事ができます。

 

どの外部ページから、どれくらいのリンクが集まっているのかは
非常に重要な判断材料となってきますので、ブログを更新しつつ
サイトのURLを外部に貼る必要もあるわけです。

 

・旬は単発で終わっていないか?


 

トレンドサイトで扱うネタと言うものは、長期に需要が続くものが望ましいです。


 

ヤフーのトップニュースに載るような速報系の話題は、翌日には
注目が薄れて需要がなくなっているケースはよくあります。

 

その様な旬の話題に飛びついて記事を仕上げたは良いが、
既に需要がなくなっているとなると、全く無意味な記事を
書いてしまったと言う事になります。

扱うネタの見通しとして、長期に需要が続くかどうかを書く前の
段階から推測できる様にならなければなりません。


 

長期需要があるかどうか分からない場合は、未来予測系の
記事を仕掛けると良いでしょう。

例えば今が6月だとしたら、8月お盆や9月の十五夜など
2~3カ月起こる行事を書くとか、2ヶ月後に放送が予定
される新ドラマについて書くとかあるわけです。

 

・文章は読みにくくなっていないか?


 

1行当たりの文字列が長かったり、何行も改行されずに
びっちり詰まった文章ですと、読みにくい記事となっているので、
ユーザーに敬遠されてしまいます。

いくら記事の内容が良くても、1行当たりの文字数や改行の
整備がされていなかったら読まれません。

 

「改行」「色使い」「強調の使用」など、文章をメリハリつける
意味で、これらのポイントを押さえる必要があります。

 

文章内容がスッキリと頭の中に入って行く様に、適度な改行で
間隔スペースを空けて、文字に強弱をつける意味で色や太字などを
使う事で、より文章が際立ちイキイキとしてきます。

 

同じ内容でも、読みやすいかどうかで文章の輝きというものは
歴然の差がついていく事を肝に銘じなければなりません。