アドセンスは、クリック報酬型アフィリエイトの中で
最も稼ぎやすいサービスですが、反面に規約が
厳しく、些細な事で警告、停止にまで追い込まれます。



規約違反は、ごちゃごちゃと書いてありますが、
きちんと隅々まで、じっくり読んで頂き腑に落としてから
アドセンス広告を貼った方が安全です。

 

規約を、あまり読まずに、さらっと流し読みして
貼ってしまう安易な方が、停止になりがちです。

アドセンスの停止は、ちょっとした落とし穴で揚げ足を
取られてしまうので、予め規約を緻密に勉強しておく
必要があります。



ルールを守っていれば、無闇に停止されないので、
定められた規約を忠実に守る様にしましょう。

 

■アドセンス停止、警告になる理由

 

・自作自演クリック

 

当然ながらに自分で自分のサイトの広告をクリック
される事は違反になります。

例え1回でもダメです。ただし、1回くらいは間違って
押してしまう事があります。もし、間違ってクリックして
しまった場合は、即刻で警告や停止にはならない
ので安心して下さい。



自宅以外のパソコンからクリックするとかも止めましょう。
不正なクリックは、すぐに見つかります。

正々堂々とユーザーに記事を読んでもらった上で
クリックをして頂く様にしましょう。



意図的に短時間に何度もクリックすると、さすがに
故意にやっている事は明白なので、それは停止
になり得ます。

では、自分以外の家族や友人に頼んでクリック
してもらうのはどうかですが、これも違反です。



誰がやろうと、複数回クリックするのは不自然
ですので、すぐに見つかります。

広告主に費用上の損害が及ぶ事を忘れては
なりません。

 

・広告とコンテンツの境界が曖昧

 

サイト内にある広告は、ハッキリと分かる様に
区別しておく必要があります。



広告の上には、「スポンサード リンク」と表記して
広告である事をアピールしなければなりません。

広告を誘導する様な文章も禁止です。
(こちらの広告をクリックして下さいなど)

 

・質の低いコンテンツ

 

記事の品質が悪いページに広告を掲載する事は
認められておりません。文字数が少なかったり、
コピーした文章などの所には許可されてません。



リライト率が極端に高いのも禁止です。
Googleはオリジナルコンテンツを好みます。

ユーザーにとって価値のあるオリジナルの
関連コンテンツを提供するサイトに広告表示
する必要があります。

 

自動生成されたページやオリジナルコンテンツの
ほとんどないページには表示できません。

仮に文字数や記事数が十分でもサイト自体が
手動ペナルティを受けた場合は、速やかに
広告を外して下さい。



手動ペナルティを受けた時も、質の低いサイトと
みなされているので、速やかに広告を外して下さい。
二次災害の停止を防ぐためです。

 

・サイドバー追尾は禁止

 

画面を下にスクロールするに従って
サイドバーが同時に付いてくる
プラグインがあります。

これによって、アドセンス広告も追尾
する形となり、常にアドセンスが追いかける
様な形となるので不正になります。

 

・自動ツールでトラフィックを増やす

 

ツールを使って、アクセスを意図的に自動で
集めて報酬をアップさせようとする反則的な
行為は当然禁止です。



ツールは、トラフィックエクスチェンジなんかです。

この様な裏技を使えば誰でも簡単に稼ぐ事が
できてしまうので大問題になってきます。



不正はせずに、正々堂々と良いコンテンツを
作成してPV数を正当に増やして行きましょう。

 

・著作権侵害

 

テレビ番組、映画など著作権のあるYouTube動画
をブログにアップするのは、リスクが高いです。

youtubeには、不特定多数の違法動画があるので
注意が必要です。



動画は、ノーフォロータグをつけて外部リンクで
飛ばす方法にして下さい。

<a href=”(ここに動画URLを記入)” target=”_blank” rel=”nofollow”>(ここに動画名を記入)</a>


※ワードプレスのテキストに貼り付ける。


そうすれば、リンク先とは無関係になります。

 

・プログラムポリシーに違反している。

 

18歳未満の子供に悪影響を及ぼすサイトに、
広告を掲載するのは禁止されています。

公共の場で、閲覧しても恥ずかしくないコンテンツ
が目安となってきます。



公共秩序に反する全てのコンテンツが禁止の対象です。

殆どがブラックなワードです。
健全な明るい話題を書く事を心掛けましょう。

 

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
著作権で保護されているコンテンツ
薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
Google ブランドを使用しているサイト
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
その他の違法なコンテンツ