記事数も増えてきて、各記事にある程度のアクセスが来る様な
状態になってきたら、サイドバーに人気記事ランキングを載せよう。

人気記事を表示する事で、サイトにある複数の記事の中で、
どの記事が人気なのかをユーザーに知らせる事ができます。


 

ユーザーとしては、皆が読む様な記事は、どの様な事が
書かれているのか興味を抱く心理があります。

その心理を上手に使って、1人当たりのページビューを
伸ばす事が出来れば、滞在時間と直帰率が良くなります。

 

■Wordpress Popular Posts について

 

Wordpress Popular Postsと言うプラグインは、自分のブログの
全記事のページビュー数やコメント数をアルタイムで自動的に
記録していきます。

 

カウントした多い記事順に自動でサイドバーや記事下に
設置すれば表示されます。

 

WordPress Popular Postsの特徴


 

・表示順は、一日の平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数を選択できる
・記事ランキングにサムネイル画像を表示できる。(画像なしも可能)
・簡易的な統計機能がある。
・プラグインの管理画面は日本語化されている


 

導入するメリット


 

・1人当たりのページビューが伸びる可能性
・サイドバーが華やかになる
・人気記事が明確になり訪問者へアピールできる。


 

・無料ブログではない機能なので、優越感がある
・人気の記事は「面白い」「参考になる」などの先入観を抱かせる
・ユーザーが探していた記事が見つかる可能性をアシスト


 

・導入方法


 

「WordPress Popular Posts」「Post-Plugin Library」
インストールして有効化します。

この2つのプラグインはランキングを表示させる為に必須です。


 

なぜ2つ必要かというと、Post-Plugin Libraryがアクセス数を
管理するためのライブラリの役割をして、そのデータをPopular Postsで
呼び出す仕組みになっているからです。


なので、「WordPress Popular Posts」単独ではランキングを
表示させる事は不可能なので、2つを同時に導入する必要があります。


 

有効化しましたら、ウィジェットから詳細設定を行います。

 

・サイドバーに人気記事を載せたい場合

 

外観⇒ウィジェット⇒サイドバーにドラッグ

 

WS000003
 

Wordpress Popular Postsの詳細設定について解説

人気記事を表示させるにあたって、お好みで表示方式を選択できます。

 

WS000008
 

Title

 

ウィジェットのタイトルを決めます。

長すぎるとタイトルが2行になってしまうので見た目が悪くなります。

 

Show up to

 

人気記事を表示させる件数
10記事表示させたければ「10」

 

Sort posts by

 

これは人気記事のカウント方式です。

 

Comments ⇒ コメント数でカウント
Total views ⇒ ページビューでカウント
Avg. daily views ⇒ 1日の平均ページビュー数


 

WS000009
 

Time Range

 

人気記事の集計期間です。

 

Last 24 hours ⇒ 1日
Last 7 days ⇒ 1週間
Last 30 days ⇒ 1ヶ月
All-time ⇒ 全期間(過去全ての期間)

 

WS000010
 

Posts settings

 

投稿の設定です。

 

Shorten title ⇒  記事タイトルの文字数を制限
Display post excerpt ⇒ 記事の抜粋を表示
Display post thumbnail⇒人気記事にサムネイル(画像)を表示


 

Width:⇒ サムネイルサイズの横幅を入力します
Height:⇒サムネイルサイズの高さを入力します


 

高さ100px
横幅100px


 

くらいのサイズが、ちょうど良いのでおすすめです。

 

サムネイルは、載せた方が彩りが綺麗で際立ちます。
サムネイルなしですと、文字だけで目立たずにクリックする
意欲が低下してしまいます。

 

 

WS000011
 

Stats Tag settings

 

タグ表示の設定です

 

Display comment count ⇒ 記事タイトルの横にコメント数
Display views ⇒ 記事タイトルの横にアクセス数
Display author ⇒ 記事タイトルの横に投稿者名
Display date ⇒ 記事タイトルの横に投稿日
Display category⇒記事タイトル横にカテゴリー