Jetpack by WordPress.comは、主にアクセス解析を
利用する為に使われるプラグインです。

アクセス解析としては、非常に優秀で見やすく分かりやすい
表示をしてくれるので、重宝します。

 

サーバーに余計な負担をかけない、
シンプルで簡潔なサイト統計情報ツールです。


jetpackは元々WordPress.comで開設したブログで利用できましたが、
現在はWordPressのプラグインとして提供されています。

 

他にも30以上の機能が網羅されていて、
ほとんどが無料で利用できますが、

一部は有料となっております。

 

基本的には、アクセス解析のみを使います。


 

■Jetpack by WordPress.comのアクセス解析


 

前は、折れ線グラフでしたが今は棒グラフになり見やすくなりました。

過去28日間の各日の累計アクセス数が出ます。

 

・この様にダッシュボート以外からもアクセス解析が見れます。


 
クリックすれば統計情報が出てきます。

サイトをチェックしながらでも、アクセス状況のグラフが小さく表示
されているので、利便性は高いです。

 

WS000019
 

■棒グラフ左上の解説


 

Days ⇒ 日割り

Weeks ⇒ 週割り

Months ⇒ 月割り
 

■棒グラフ下の解説


 

today⇒ 今日のアクセス数(リアルタイムに表示)

Best ever ⇒ 過去全ての期間の中で一番アクセス数が多かった日の累計

All time view ⇒ 過去全ての期間の総累計アクセス

All time  comments ⇒ 過去全ての期間の総累計コメント

 

WS000013
 

■リファラ【referer】


 

リファラとは、どこのサイトからきたかを表しています。
リンク元のURLまで、表示されます。

殆どは、GoogleとYahooの検索エンジンからの流入が多いです。

 

しかし、TwitterやFacebookで影響力のあるアカウントを所有して
いれば検索エンジンを上回る流入はあるでしょう。

 

WS000015
 

■search Engine Terms


 

どのキーワードを使って検索エンジンから来たかが一目瞭然となります。
殆どは、タイトルのワードです、次いでメタワードとなっています。
これを参考にして、タイトル戦略に役立てます。

ここに書いてあるキーワードをコピーして、GoogleやYahooで検索
してみると、自分のサイトが今!何番目に表示されているか分かります。

 

WS000016
 

■Top Posts & Pages


 

リアルタイムで、各記事のアクセス状況をランキングで表示します。
ここでは、昨日までしか見れませんが、棒グラフをクリックすれば、
その日の各記事のアクセス状況は表示されます。

 

WS000017
 

■Clicks


 

記事内の、どの外部リンクがどれだけクリックされたか分かります。

アフィリエイトリンクも対象として表示されます。

 

WS000018
 

■Jetpack の導入方法


 

「Jetpack by WordPress.com」プラグインをインストール有効化する。

すると、プラグインのダッシュボートに、 WordPress.comと連携が出現するので、
そちらをクリックします。

 

WS000020
 

■WPXサーバーを使っている場合はエラーが出ます。


 

WS000021
 

その場合は、WPXの管理パネルにログインして設定から
国外IPアクセス制限をクリック

 

WS000023
 

XML-RPCのアクセス制限を無効化すれば、エラーはなくなります。

XサーバーはWordPressセキュリティ設定画面から
「XML-RPC API セキュリティ制限」をOFFにするで完了です。

 

WS000022

WordPress.comのユーザーとパスワードがない場合は作成します。

WS000024


WS000025
 

IDとパスワードで認証に成功したら設定完了です。

「XML-RPC API アクセス制限」を一時的に無効化しますが、
サーバーのセキュリティ・安定性を高める為に再度、有効化して下さい。

 

国外からの不正なログインを阻止できます。

管理者のクリックもアクセス解析にカウントするか決められます。

 

また外注専用のユーザーアカウントを作った場合に、
クリックをアクセスに含めるかとか、統計情報を表示させるかなど
決める事ができます。

 

WS000026
 

■アクセス解析を見る注意点


 

サイトを作った最初の3カ月くらいは、アクセスが来ない日々が続きます。

このアクセス解析を毎日何回も見る癖のある人は、アクセスが来ないと
落胆したりして、モチベーションが下がる場合があります。

 

その日の結果に一喜一憂せずに、コンテンツをひたすら追加しながら
淡々とやっていく姿勢が非常に大事になってきます。

 

目先の結果は一生続くものではありません。
記事を、どんどん投入していけば必ず棒グラフは右肩上がりに
なって行きますので、行く先の未来を信じて突っ走りましょう。

 

逆に一度成功した人が、また新規サイトを作る時には、
アクセス解析にブレることなく黙々と作業に励みます。


 

実際の経験から、今後の見通しみたいなものが見えているからこそ、
一々アクセス解析を見る事無く、やるべき事をひたすらやる事に
集中することが出来るのでしょう。