Googleウェブマスターツールは、ブログを運営している人は
必ず導入すべきです。


自分のウェブサイトとGoogle の相性を簡単に高めることが
できるツールと認識して下さい。

 

登録しておけばサイト運営者にとって役立つ情報を
たくさん教えてくれます。


SEO対策でやるべき事が明確に分かる様に、サイトの状況を
より細かく教えてくれるのです。

 

サイト分析や改善策を導き出す意味では非常に重宝します。


 

サイト改善や集客アップを行う為には、常にサイトの状況を
定期的に確認するのが大事です。

 

検索順位の下落やアクセスの減少などは、必ず何らかの
原因があるので、解明を追求して修正する事で、より良い
方向に導く事が可能となってきます。

各機能を有効活用する事によって、ユーザーへの利便性を
高めることができるので、結果的にサイトの評価は高まります。

 

ウェブマスターツールの登録方法

 

ウェブマスターツールを利用するには、自分のサイト
をウェブマスターツールに登録する必要があります。

その際、所有権の確認というステップがあり、
登録しただけでは使用する事はできません。

 

・Googleアカウント必須

 

Googleのアカウントを持っていない場合は、Googleウェブマスターツール
にアクセスして、右上にある赤いボタン「アカウントを作成」から、アカウント
を作るところから始めましょう。

 

・サイトを登録

 

こちらのフォームへ自分のサイトのトップページURLを入力してプロパティを追加をクリック。

WS000000
 

・サイトの所有権の確認

 

サイトを運営している本人かどうか確かめる為に、
確認するという事です。

ですから、自分のサイトを他の誰かが登録する事は不可能です。

 

おすすめの方法は、アナリティクスです。

アナリティクスのコードをテーマ編集に埋め込む事で所有権の
確認ができます。

 

WS000001
 

・賢威6.2テンプレートを利用している人限定の設置例

アナリティクス⇒プロパティ⇒トラッキング情報⇒トラッキングコード
でコードをコピーします。

WS000002
 

header.phpの</head>の直前にアナリティクスコードを挿入します。

外観⇒テーマ編集⇒ヘッダー

 

WS000004
 

F3キーを押して検索バーを呼び出し、「</head>」を検索
その上の部分にアナリティクスのコードを挿入して完了です。

 

WS000005
 

挿入後すぐに所有権の確認には至りません。
1時間後くらいに確認してください。

少々、時間が掛かります。

 

・コード貼り付け後1~2時間後には所有権が確認されます。
すると、ウェブマスターツールが利用可能となります。

1つのGoogleアカウントで登録可能なサイトは1,000個までです。
新しくサイトを作った際に追加で登録ができます。

 

WS000006
 

 

ウェブマスターツールを導入するメリット

 

・Fetch as Google

 

クローラーの巡回を促し、インデックスを促進させる事ができます。

(クローラーとは、ウェブに存在するページを収集するロボットです。)

 
・検索クエリ

どのようなキーワードで検索され、どれほどのクリック数か分かります。

 

・サイトへのリンク

 

サイトへの被リンク数、内部リンクの確認ができます。

 

・メッセージ

 

ペナルティがあった場合に速やかに連絡してくれます。

Googleウェブマスターツールは、無料で使えるので、
使わない手はありません。

 

・Googleサイトマップ登録

 

サイトマップ(sitemap.xml)をGoogleへ送信・登録すれば、
サイトのインデックスを促す効果があります。

sitemap.xmlとは、インターネット上に公開しているWebページの
URLをGoogleに伝えるためのファイルです。

 

「Google XML Sitemaps」と言うプラグインを導入して設定する
必要があります。

サイトマップを利用することで、検索エンジンにページの存在を知らせて、
クローラーの巡回を促進させる事ができます。

 

■ウェブマスターツールとは何か?


 

Googleウェブマスターツールは、サイトの管理者のために
Googleが無料で提供しているツールです。

Googleアカウントを持っていれば、すぐにサイトの登録が可能です。

 

Googleの巡回ロボット(クローラー)からWebサイトが、
どのように見えているかを確認できるツールです。

 

■ウェブマスターツール(WMT)とSEOの関係性


 

ウェブマスターツールを導入する事は、当然にSEOの強化にも
密接な関わりがあると思っておいて下さい。

それは、検索結果にサイトが表示されるには、Googleにサイトを
認識してもらう必要性があるからです。

 

ウェブマスターツールに登録していなくても、勿論、Googleに
認識はされてますが、やはり時間が掛かります。

記事数もアクセスも殆どなく被リンクもない様なサイトを探すまでに
時間が掛かる事は明白なのです。

 

サイトを作った初期段階においては、自らインデックスを促進させる
様にクローラーを呼ぶ必要があります。

そういった観点からサイトをWMTに登録しておく必要性はあります。