Google ウェブマスターツールとは、Googleが無料で提供している
サイト管理者向けのツールです。


全て無料で利用することができます。

 

自分のサイトの状態や、Googleにどのように認識されているのか、
外部リンク、内部リンク、サイトパフォーマンス、Googleから警告など、
サイト運営において重要な情報が開示されてます。

 

ウェブマスターツールでは以下の事ができます。

 

・Googleによるサイトのクロール状況、インデックス状況の確認
・サイトへのリンクの確認
・サイトマップの送信
・サイトリンクの調節
・検索キーワードの確認
・その他問題点を把握


 

この様に、サイトがGoogleからどのような状態で見られているか
教えてくれます。

 

ウェブマスターツールの機能を紹介します。

 

・サイトへのメッセージ



sasaallla


サイト上に発生した重大な問題や、伝えるべき情報を教えてくれます。
サイトに異変があった場合は、すぐにお知らせしてくれます。


例としては、人工的な被リンクによるペナルティの発生を知らせる
不自然なリンク検出メッセージや、大きなトラフィックの変化が合った
時に知らせるメッセージ、ウイルスの検出を知らせるメッセージなどです。

 

低品質のサイトと見なされて、手動ペナルティを受けた場合も
Googleエンジンがサイトにアクセスできなかった場合など
メッセージとして知らせてくれます。

 

何らかのガイドラインに違反した場合、違反の事実が、ここに表示され、
問題となる部分を修正し、「再審査をリクエスト」を行う事で解消できます。

 

・使用するドメイン

 

WS000024
 

サイト設定から使用するドメインを選択できます。

wwwありとwwwなしのどちらを検索結果に表示するか決められます。

 

googleにインデックスされたページのなかで、www付きのサイトと
www無しのサイトが混在すると、重複サイトとしてみなされます。

するとGoogleから低評価を受けてしまうので、どちらか一つに
統一する必要性があります。

 

・コンテンツ キーワード

 

 

WS000025


Googleインデックス⇒ コンテンツキーワード

 

サイトのテーマをGoogleがどのように理解しているか分かります。

 

キーワードの順位付けは、単純に「出現回数」の多いキーワードが
順に並んでいるに過ぎません。

 

しかし出現率の高いワードを重要なキーワードとして捉え、
そのサイトがどういうサイトであるかという事を認識=解釈して
いるので、ここに載るキーワードは、
そのサイトの重要な語句として扱われます。

 

重要度が高いキーワードほどサイトのオーソリティが高く設定
されていると推測されるので、そのキーワードでは検索順位を優遇
されるのではないかと考えられます。



コンテンツキーワードとは、サイト内のメインとなるキーワードを
表しているに等しいです。

 

コンテンツキーワードの順位を、自分の狙い通りにするには、
そのキーワードに関する記事を増やしていくことです。

 

・Fetch as Google

 

クロール⇒ Fetch as Google

WS000026
 

Fetch as Googleは、簡単に言えばGoogleに対してインデックスを
早くする様に、お願いする機能です。


Fetch as Googleすれば、すぐにインデックスされる事が約束されるもの
ではありませんが、されるまでの時間の短縮につながります。


 

インデックス促進する意味では重要ですので、記事更新したら
1記事ごとにFetch as Googleでインデックスさせましょう。

 

あとは速やかにインデックスさせたいページや、記事が、
なかなかクロールされない場合はFetch as Googleを使って、
URLのインデックスを送信しますと有効的です。


 

速報系のニュース記事などは時間勝負ですので、
速攻でインデックスさせたい場合は、Fetch as Googleは
役に立ちます。

 

・HTMLの改善



lfulebumasu


検索のデザイン⇒ HTMLの改善

ウェブサイトのタイトルタグとメタタグに問題があると改善が求められます。

メタデータとは、簡潔に言えばページの説明文や本文の概要の事です。

 

検索エンジンから表示されるサイト名の下に説明文が出てくると思います。

 

■メタデータは写真の様に、Googleで検索した時に出てくる概要の部分です。



WS000013

その説明文と同じも文章が他のページでもあると、
重複するメタデータとして知らせてくれると言うわけです。

 

なのでここを改善すれば問題をおさえる事ができる訳ですね。

サイト内のページでタイトルタグが重複していないかどうか、
タイトルタグの情報が不足しているページが無いか確認できます。


ページのタイトルは30文字〜35文字が理想とされています。


長すぎるタイトルは、Googleによる書き換えが起きてしまいます。

 

サイトの個別記事のタイトルは、検索結果に
表示されるタイトルとして使われます。

なので、サイト内に同じタイトルを使っていた場合は、
ページごとの識別ができなくなります。

 

タイトルタグが重複する事は、そのうちのどちらかのページは
検索結果に表示されなくなる可能性があり得ると言う事で、
改善しなければならないのです。

 

重複するメタデータ
長いメタデータ
短いメタデータ
タイトルタグの記述なし
タイトルタグの重複
長いタイトルタグ
短いタイトルタグ
情報が不足しているタイトルタグ


 

メタデータやタイトルタグ同士が重複、長すぎる、短すぎるなどの
検索エンジンの集客におけるパフォーマンスに影響を及ぼす
エラー内容を指摘してくれます。

 

該当ページがある場合は、リンクで教えてくれており、クリック
すれば、どのページのどの部分が問題なのか分かります。

HTMLの改善をする事で、クリック率が向上したり、掲載順位を
上げる可能性があるみたいです。

 

これは、ユーザーの利便性が向上し、サイトへのトラフィックの
増加につながる事への流れからです。

 

・サイトへのリンク

 

検索トラフィック⇒ サイトへのリンク

ウェブマスターツールの被リンクが分かるのは?

 

〇外部被リンク

 

・総リンク数

サイトへの被リンクの全てです。

 

・リンク数の最も多いリンク元

一つのサイトからのリンクが多いドメインを順番に表示します。

 

・最も多くリンクされているコンテンツ

サイト内で多く被リンクを貰っているページを順番に表示します。

 

・データのリンク設定

データのリンク設定は、SEOを推進するにあたり重要な項目と
されており、検索エンジンがどのようなことが書かれているブログ
なのか解釈した結果の指標として利用されています。

 

〇内部被リンクについて

・ターゲット ページ
・ターゲット ページへの内部リンク数
・ターゲット ページへの内部リンクのURL


 

コンテンツの質を高めていけば、ナチュラルリンクは自然と
たくさん集まっていくので、必然的にサイトの評価も高まります。


しかし、危険なサイトや怪しいサイトなどからリンクがあると、
逆に、SEOにマイナスな影響を与えたりします。

 

最悪の場合ペナルティを課される事もあるので、悪質な
リンクを受けていないか定期的に確認した方が良いでしょう。

 

 

・検索クエリ

 

検索トラフィック⇒ 検索アナリティクス

 

WS000008
 

検索クエリは、サイトがどのような検索キーワードで
何回表示されて何回クリックされたか、クリック率は何%か
などを教えてくれる機能です。



この機能を使えば検索結果上でのCTRの改善を行えます。

 

掲載順位は高いが、CTRが低いページは、改善の余地があります。

タイトルや検索結果に表示されるサイトの
説明文=概要を見直すことで、CTRの向上が期待できます。

 

検索結果に表示されるタイトルや概要文を興味を惹くような
つけ方をする事で、クリック率を高められます。

表示回数が多いのにクリックされないのは、タイトルか
概要文に魅力がないから他のサイトに目移りしてしまう
と言う事が考えられるのです。

 

どのような検索キーワードから流入しているのか(上位のクエリ)、
どのページが検索結果からの流入が多いのか(上位のページ)
の確認をして、サイト戦略に役立てます。

 

・インデックスの削除も可能

 

WS000010
 

Googleインデックス⇒ インデックスの削除⇒新しい削除リクエスト作成

 

Googleの検索結果に表示してほしくない記事ページURLを
指定して削除する事が可能となります。



また公開したくない記事をインデックスさせてしまった場合や、
低品質の記事ページを削除したくなった場合に有効です。

 

あとは、時折いらなくなったページを削除する機会もあるでしょう。

 

その場合、今まで公開していたページをゴミ箱に持って行っても
ワードプレス上は消えますが、Googleのインデックスは残ったままと
なっているので、検索結果からユーザーがクリックされる可能性があります。

 

当然ユーザーは何もコンテンツのない404ページに誘導され混乱を招かせます。


また、削除済みのページをインデックスしておくと中身のないコンテンツと
Googleに判断されてサイト全体の評価を落としかねません。


ですから、記事を削除したら、同時にURLの削除も行う必要があります。