アフィリエイト広告は、アドセンス1本しか持って
いないと、万が一に広告停止となった場合に、
その日から収入が途絶えてしまうので恐ろしいです。



せっかく作ったサイトに、アクセスが集まって
いるのに、活かす事ができなくなったら悲劇
になってきますよね。



そこで、アドセンスの代わりとなる広告を紹介します。

変わらない収益が期待できるのは『Fluct』です。



アドセンスと同じクリック型報酬制度で、
広告がクリックされれば収益が発生します。

Fluctを取得しておいてリスク分散を図りましょう。



Fluctは、アドセンスと比較して元々あるブログ
を利用できるので、新しく審査様にブログを
作らなくて済むので、手間はかかりません。



トレンドサイトを利用すれば、すぐに合格します。


■Fluct広告の登録手順について

1. Fluct広告はこちらクリック


仮申し込みをクリック


WS000006


WS000007

■必須項目の全ての欄を書きます。



・個人、法人は個人にチェックマークを入れる。
・既にお持ちのトレンドサイトのURLを記入して
所有しているサイトは自由に決めて下さい。




・プラットフォームは、全てにチェックマークを入れる。

・1日辺り最低200PV以上なければなりません。
サイトを所有していても、記事が少なかったり、
PV数が200に満たない場合は審査に通りません。


 

2.申し込み後に以下のメールが来ます。



WS000008


■この様なメールが来ましたら、以下の内容で返信します。


■PC■ 【掲載内容】

・対応サイズ:・336×280

・掲載位置

(記事タイトル下)/(記事中間)/(記事直下)/
336×280 (記事タイトル下)
336×280 (記事中間)
336×280 (記事下)

■スマホweb■ 【掲載内容】

・対応サイズ:300×250/

・対応OS:iOS/Android/iOS&Android

・対応タイプ:インライン/

・掲載位置
(記事タイトル下)/(記事中間)/(記事直下)/

300×250 (記事タイトル下)
300×250 (記事中間)
300×250 (記事下)

○掲載可否(アダルト): NG 以上となります。
宜しくお願い致します。



掲載したい広告のサイズや位置の情報をメール報告する。
3.4日後に以下のメールが来ます。


WS000011


この承諾書に同意をしたら、審査完了です。
承認されて審査に通過したメールがすぐにきます。

承認から2日後には、広告タグが送られてくるので、
実装してFluct担当者にメールで連絡を入れて完了です。



最後に届いた広告タグメールに引用返信にて、

「Fluct様へ 実装致しました。
ご確認宜しくお願い致します。」




と返信するだけでOKです。

Fluct担当者が目視にて広告の掲載を確認します。


認められれば、管理画面へアクセスするための
手順が 書かれたメールが送られてきます。

発行された広告タグ全てを使用する必要はありません。



PC用だけとか、スマホ用の1部だけなど、自由に
選択する事が可能です。

全ての審査が終わるまでに、早くて1週間かかります。


■Fluct広告の特徴

初期費用、固定費用は一切無料です。

20社以上のアドネットワーク・DSPと提携、
最も収益性の高い広告を配信しています。



様々な種類の各社の広告を、全てFluctが
集めそれらを最適化し提供しています。

サイト内容に合わせた広告が自動で
選択されて表示されるタイプです。



完全にネット上でタグを習得するのではなく
「Fluct」の担当者の方とメールでやりとりを
して収益拡大を図ります。


色んなサイズの広告タグを管理画面から
コピーして自由に貼り付けるアドセンスと
違い場所やサイズの変更あった場合は、
一々連絡をしなければなりません。



平均単価は10円なので、アドセンスと
比較すると半分~1/3程度になってしまいます。



Fluctは、表示速度が遅い・重いので広告が表示される
までに時間が掛かるので、ブログを読んでいる最中に
広告の場所が空白の状態でスルーされてしまう
デメリットがあります。



1ページ貼れる広告枚数は、アドセンスですと3枚
までが常識ですが、Fluctに至っては何枚でもOK
との事で、自由自在に実装が可能です。


アドセンスとの併用も可能です。


更なる収益アップを目指すなら最強の
組み合わせと言えるでしょう。